生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 【恋愛心理】男性からのアプローチのサインを見抜く方法

【恋愛心理】男性からのアプローチのサインを見抜く方法

2010年11月15日作成

 views

お気に入り

男性からのアプローチにはいくつかの段階があります。初めて会った時からいきなりスキンシップを取る人は少ないでしょう。逆に王手をかけるアプローチでは、どんな男性でも強気に出るものです。

ですが、王手をかけられてしまってからでは、どう反応してもそれまでの関係にヒビが入るでしょう。ですから男性からのアプローチはなるべく早め早めに気付き、適切な対処を考えるのがお互いのためです。

そこで今回は男性からの最初のアプローチのサインを見抜く方法を2つご紹介します。

これを知っておけば、片思い中の人なら、片思い男性からの好意に気づかない、わからない、なんてことがなくなると思います。彼からのアプローチに敏感に反応し、片思いをさっさと終わらせちゃいましょう!

恋愛記事を読んでいる方はこちらの記事もよくご覧になっています。
「一般人女性」はウソ!?芸能人としか付き合わない「プロ彼女」の生態

その1:日時を指定してデートに誘ってくる

この誘い方は、ズバリ、こちら側にとって断りやすい誘い方であると言えるでしょう。

漠然と「今度お茶しようよ」と誘われてしまうと、こちら側は行きたくない場合に断る理由に困ってしまいます。日時を指定することによって、「行きたいのだけれど、その日だけは無理なんだ。」と断りやすくなるのです。

このようにわざわざ断りやすい誘い方をするのは、次のデートの成功率を高めるためです。「無理強いをしない男性」という印象を与えることで、女性の警戒心を和らげ、次に繋げやすくしているのです。

こういう誘い方をする男性は、必ずまた同じ方法でデートに誘ってくると思っておいたほうが良いでしょう。次の一手を生かすための布石として、最初の一手はあえて捨てているのです。

その2:「下の名前+さん」で呼ぶ

それまでは自分のことを「苗字+さん」で呼んでいた男性が、ある日急に「下の名前+さん」で呼ぶことがあります。これもまた、本格的なアプローチに入る前の、最初の一手であると考えて良いでしょう。

名前の呼び方を変えることは、実際にデートをしたり、スキンシップを取ったりせずに、互いの距離を縮める非常に有効な手段です。メールでそうした呼び方をするだけでも、ぐっと距離は縮まるように感じるものです。ただしいきなり下の名前を呼び捨てにするのはあまりにも大胆な手です。そんなことを急にされたら多くの女性は引いてしまうでしょう。

そこで「下の名前+さん」なのです。「さん」は敬称です。仮に下の名前に付けるのであっても、男性としてはまだ隔たりがあることを自覚している呼び方なのです。

また下の名前に「さん」を付けられると、親近感があるのか他人行儀なのかよく分からず、ちょっと滑稽に感じてしまいます。そのため、こうした呼びは警戒心を抱かれ難いというメリットがあると言えるでしょう。ただし、それが男性からのアプローチであるならば、必ず次の一手が待っています。例えばそうした呼び方に女性が慣れてきた頃、呼び方が「苗字+ちゃん」にレベルアップ、なんてことがあり得ます。

おわりに

以上二つは、非常に高い確率で男性からのアプローチの第一歩であると言えるでしょう。

ただし、男性が最初から最後までたった一人の女性にアプローチするのは稀かも知れません。キープしている複数の女性に同様のアプローチをしておいて、食い付いた一人に狙いを定める、なんて打算的なことを考える人も多いです。

いずれにせよ、男性も女性も互いが傷つかない選択が一番です。片想いを終わらせるためにも、早め早めに脈ありサインを見抜いて、適切な対処をしていくように心がけましょう。

(image by amanaimages)
(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20101113022803
  • 067e7e67 281f 45c6 9183 20ff6659a6bb
  • 3df446e2 0707 4ebd 9ab0 7d3e99a3007e

本記事は、2010年11月15日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る