生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 奈良の秋の恒例行事!「奈良国立博物館」の正倉院展のおススメポイント

奈良の秋の恒例行事!「奈良国立博物館」の正倉院展のおススメポイント

2013年03月25日更新

 views

お気に入り

はじめに

奈良には、毎年、正倉院展の時期に合わせて母と一緒に出かけています。2012年で開催64回目となり、奈良の秋の恒例行事として毎年大人気の展示会なので、ご紹介させていただきます。

著者の旅行の詳細

2012年は、11月中旬に母と1泊2日の日程で行きました。年度によっては日帰りのときもありますが、昨年はJR奈良駅前の「スーパーホテル」に宿泊しました。

奈良駅周辺エリアの観光スポット巡りやグルメ散策以外に、奈良国立博物館で正倉院展の鑑賞をしてきました。

「奈良国立博物館」の正倉院展とは?

正倉院展は、古都奈良に秋を告げる恒例行事です。正倉院という宝物庫に蔵められた聖武天皇ゆかりの品の中から、毎年違うものがテーマごとにピックアップされて展示されます。

行き方

近鉄奈良駅で下車し、登大路町を東へ徒歩約15分。

見どころ

毎年変わる目玉作品!(詳細は後述参照)

予約

必要ありません。

観覧料金

大人1000円、大高生700円、中小生400円。前売りだと、各100円引き。

正倉院展のよかったところ

目玉作品が毎年異なる!

正倉院展では、螺鈿紫檀琵琶(らでんしたんのびわ)のようにほぼ毎年出陳されるものもありますが、テーマごとに展示物がガラッと変わるのが魅力の一つです。

昨年の目玉作品の瑠璃杯(るりのつき)は、何と18年ぶりの出陳!コバルトブルーのうっとりするような輝きと、異国情緒溢れる器の形からは、遠くシルクロードの香りが漂っているようでとっても素敵でした!

正倉院展のイマイチだったところ

毎年混雑ぶりがすさまじい

週末に行くと、1~2時間待ち状態ということが多いです。今年は30分で入れたのでまだマシでしたが、何か暇つぶしになるものを持っていかないとあの行列はきついです。

アクティビティの感想・注意点

融通が利くのであれば、正倉院展は平日がおススメです。週末にお出かけの場合は、混雑が予想されますので、列に並んでいる間退屈しのぎになるようなグッズ(本やゲーム機など)を持参されるといいと思います。

また、正倉院展開催中は、お隣の奈良公園でフードフェスタが開かれますので、そちらもあわせて楽しんでもらえたらと思います。

おわりに

正倉院展は、毎年10月下旬~11月上旬にかけての開催ですので、ぜひその時期に合わせて奈良を訪れてみて下さいね。古(いにしえ)を感じる楽しい発見がたくさんあると思いますよ。

(photo by 足成&著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130220132447 5124500fe0355
  • 20130220134008 512453a83ce46
  • 20130220135009 512456016f752

本記事は、2013年03月25日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る