生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon family家族・人間関係

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 妻の心に響く魔法の言葉

妻の心に響く魔法の言葉

2010年11月14日作成

 views

妻が落ち込んでいる時、ぜひ声にだしてほしい言葉があります。長年連れ添った夫婦だからこそ言える言葉です。そして言われた妻の心に残り、きっと心のモヤモヤも吹き飛んでしまうでしょう。

目次

ポイントその1 昔からがんばりやだから

昔からという言葉

妻が落ち込んでたら、慰めの言葉をなんてかけたらいいのかわからない。そんな時は「お前は、昔からがんばりやだからな。」と一言寄り添って言ってあげましょう。

その後は何も言わず隣に座るだけでも十分でしょう。温かいココアでも入れたらより安心できるでしょう。

「昔から」という言葉には、魔法がかけられています。昔からがんばっていると言われた側は、ずっとみてくれていたんだという安心感を得ることができます。

ですから、落ち込んでる妻には、お前は昔からがんばりやなんだから、ちょっと息抜きしようよ。と声をかけてあげましょう。

ポイントその2 あなたしかいない

妻を支えられるのは夫ただ一人

妻のいいところも悪いところも全てを知っているのは夫であるあなたただ一人です。妻が辛い時支えてあげるのも夫の役割であり、妻が嬉しい時も一緒に喜ぶのも夫でしょう。

そうやって長い年月を二人で重ねてきたはずです。妻のいいところをたくさん知っているのは夫しかいないのです。

ポイントその3 夫にしか支えられない

夫だからできることをしよう

長い年月を重ねてきた二人だから、失敗しても、二人で立ち直ってきたはずです。妻が落ち込んでる時、夫も気が気ではなかったはずです。何をするにも一緒に連れ添った仲だからこそ支えあえるものがあります。

おわりに

昔から見ているよ。昔からがんばっているのを知っているよ。ずっと一緒にいた人にしか言えない言葉です。一緒にいた人にしか励ますことができない言葉です。

そして、昔からがんばっているのを知っているよと夫に言われた妻は心に響きます。自分のことわかってくれている。自分には理解をしてくれる人がそばにいる。自分は間違いではないと、自信を持つことができるでしょう。

この記事で使われている画像一覧

  • 20101114192313

本記事は、2010年11月14日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る