生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon family家族・人間関係

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 同僚であるライバルとお互いが幸せに付き合える方法

同僚であるライバルとお互いが幸せに付き合える方法

2010年11月14日作成

 views

会社の同僚が一生懸命がんばって結果を出した時、あなたはどう感じますか?ついついねたんでしまいませんか。あの人は仕事がうまくいっているけど、自分はうまくいってない。

こんなマイナス思考ではうまくいくものもうまくいかず、また、幸せな人をねたむことで自分が幸せになるのを避けています。自分が幸せになると周りからねたまれてしまうのではないか。と不安になります。

これでは一度きりの人生もったいない。自分も相手も幸せになれるように考え方を変えてみましょう。

目次

ポイントその1:幸せな人をねたんでもいいことはない

幸せになると周りからねたまれると思いこんでしまう

人の幸せを素直に喜べず、逆にねたんでしまう人は自分が幸せになることを避けています。自分の固定観念から自分が幸せになると周りからねたまれてしまうと思い込んでいます。

そして、幸せにはなりたいけど、周りからは嫌われたくはない。それなら今のままでいい。と、現状に不満を持ちながらも一歩が出せない状態です。チャンスはたくさんあるのにとてももったいない状態です。幸せはたくさん周りにあるのに気付かない、気付いても手に入れることができない。とても悲しいことです。

そして、自己嫌悪に陥り、悪循環の繰り返しです。本人が変わらない限り、周りも変わりません。もしも、このままの状態が続くと、ただイライラするだけで、最悪、ライバルの足をひっぱってしまいます。

そんなつもりじゃなかった。と、後から後悔しては遅いのです。そうなる前に、自分を変えていきましょう。

ポイントその2:幸せな人を心から祝福しよう

相手が幸せなら思いきり祝福しよう

幸せな人を、心から喜び祝福できる人は自分自身も幸せになれます。相手から学ぶことができるのです。こうすれば、幸せなのか、では次は自分もがんばってみよう。と前向きな考えになれます。

相手の幸せを喜べるということは、自分が幸せになった時、周りからも祝福されます。本当に幸せで自分一人ではないと感じることでしょう。仲間の大切さを知ることでしょう。

ポイントその3:幸せになろう

ちょっと想像してみよう

もしも、自分が仕事で成功をした時、同僚が思いきり喜んでくれた。ガッツポーズで抱きついてくれた。自分のこと以上に喜んでくれた。とても嬉しくて、その同僚を嫌いにはなれません。

逆にとても大事な人で、同じ仕事をする仲間であり最強のライバルにもなれます。

自分も同じように大事にされたいなら、思いきり相手の幸せを喜び、ハイテンションになりましょう。自分の幸せ以上に同僚の成功を祝福しましょう。周りの幸せを喜ぶことで自分も幸せになることができるのです。

おわりに

ちょっとした気持ちの持ち方で人間関係は変わっていきます。苦手だと思えば相手も苦手だと思うし、好きだと思えば相手も大事にしてくれます。

会社の同僚では特に比べられやすいものです。自分がうまくいかなくても、同僚がうまくいったときは心から喜びましょう。自分がうまくいった時、同じように喜んでくれます。

そして互いに助け合うことで人間関係は成立していきます。

人の幸せは自分の幸せ。これから幸せになるために考えを変えてみましょう。

こちらもどうぞ!

[nanapi:26434]
[nanapi:1411]
[nanapi:427]

(Photo by http://www.ashinari.com/2009/07/23-025244.php)

この記事で使われている画像一覧

  • 20101114184434

本記事は、2010年11月14日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る