生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4. Facebook(フェイスブック)復縁活用法

Facebook(フェイスブック)復縁活用法

2016年02月11日更新

 views

お気に入り

ここ最近爆発的にユーザー数を伸ばしているFacebook(フェイスブック)。

お店に「Facebookやってます」というポップを置く飲食店などもあり、インターネット上のみならず、現実の世界でもその名を見かけるようになりました。

そんなFacebookを活用して復縁を目指す方法をご紹介します。

▼無料の復縁メール▼
どうしても復縁したい方向け!メール相談はコチラ

彼と音信不通

「彼にメール受信拒否をされてしまった…」

「連絡先がわからず音信不通状態…」

このような状況でもFacebookを上手に活用すれば復縁の糸口を探し出せます。

復縁になりよりも大切な事の一つとして『連絡先の確保』があります。

自分磨きをしたりしても連絡がとれない状態だと自分の変化を伝える手段が閉ざされてしまいます。

しかしこんな状況でもFacebookで相手の名前を検索して連絡をとれるようになったケースも多々あります。

復縁したい相手を見つけたからと言って焦って直ぐに連絡をとらずに、じっくり自分磨きなどして作戦を立てて復縁を目指すのが◎です。

彼がFacebookを利用してる場合

彼がFacebookを利用してる場合は自分のタイムラインに記事をアップする事で変化を伝える事ができ復縁に近づける事ができます。

逆にアップする記事の内容によっては復縁を遠ざけてしまう事もあるので注意が必要です。

タイムラインの投稿するとマイナスになる事の例

  • ネガティブな事

  • 元カレへの未練

  • 充実してない生活

こういうのがタイムラインに投稿されていたら

相手が見た時に、良い気持ちにはなりませんよね?

タイムラインの投稿するとプラスになる事の例

  • ポジティブな事

  • 前向きに成長してる様子

  • 生活が充実してる事

相手がタイムラインを見た時に、こんな風に前向きなら

付き合ってた時のキラキラして笑顔を思い出したり

二人で居た時の楽しかった事を思い出して

「別れて失敗したかな…」

なんて思ってもらえる可能性もあります。

ただし余りポジティブすぎたりすると逆に「別れても全然平気そう…自分は必要なかったのかな…?」と思わせてしまう可能性もあるので注意!

さいごに

「復縁したい相手はFacebookをやってないし…」

と思われる方も是非Facebookを活用してみてください。

今まで相手がFacebookを利用してなくても何時利用を開始するかわかりません。

その時に相手にFacebook上で見つけてもらいタイムライン上にポジティブな記事がアップされてたりすれば良い印象を与えられて復縁に近づけると思います。

何時何処で誰がFacebookを見てるかわかりません。

知人などから相手に良い変化が伝わる事もあるので前向きなポジティブな記事のアップをまずは心掛けましょう。

▼無料の復縁メール▼
どうしても復縁したい方向け!メール相談はコチラ

あなたにオススメの関連記事

復縁体験談

ミラーリングを使った復縁方法

都合の良い関係からの幸せな復縁

離婚からの復縁する為のポイント

復縁の不安解消法

Facebook(フェイスブック)復縁活用法

引き寄せの法則で復縁を近づける方法

アラサー女子必見!復縁する為の心構え

【パターン別】別れた後の男心をコントロールするコツ

復縁をしたいなら絶対にしてはいけない事

女子力アップをしながら楽しく笑顔で復縁を目指す方法

心理学を復縁に応用する方法

失恋1日目にするべき事

遠距離恋愛の復縁方法

【タイプ別】恋愛依存からの立ち直り復縁に近づける方法

復縁を目指す前に、まず考えてほしい事・相手を見極めるコツ

ゴールデンウィークを復縁のきっかけにするポイント

3つの男性心理を操作し復縁する方法

元カレと復縁したくなる 3パターン

【復縁に繋げる為の!】別れの後の感謝と謝罪のメール例文

【復縁に効く!】復縁パワースポットの紹介

同じ職場の元カレと復縁する方法

復縁を叶える携帯の待ちうけ画像

復縁テクニック

▼無料の復縁メール相談▼
どうしても復縁したい方向け!メール相談はコチラ

(photo by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130323135641 514d3609762a1

本記事は、2016年02月11日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る