生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon businessビジネス・経済

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 転職サイト3社の特徴を知っておこう!効率的に利用する方法

転職サイト3社の特徴を知っておこう!効率的に利用する方法

2016年05月12日更新

 views

お気に入り

はじめに

転職サイトは従来の転職活動の応募をネットでできるだけではなく、他に色々なサービスがあります。これを利用すれば転職活動を効率化できます。

転職活動歴

期間

2006年4月~2007年8月(アルバイト期間などを含む)

進め方

  • ハローワークへの登録
  • 職務経歴書の書き方講座参加
  • 転職サイト登録

利用した転職サイト

[en]社会人の転職情報

  • 職務経歴や自己PRの添削指導
  • 経歴などから適した求人のお知らせ(キャリアマッチ)
  • スカウト・オファー

職務経歴や自己PRの添削指導はかなりきめ細かくしてもらえるのでオススメです。

リクナビNEXT

  • スカウト・オファー
  • 転職フェア

恐らく利用した転職サイトの中で1番スカウトやオファーをたくさん送ってきてくれるサイトでした。

DODA

  • スカウト
  • 転職フェア

比較的大手の求人が多く、また理科系の求人も多いです。

[en]社会人の転職情報

良かった点1:丁寧な添削

ここでの添削指導で各種書類のコツを掴む事ができ、かなり役に立ちました。後に就職支援団体の指導も受けに行きましたが、きめの細かさは[en]の方が良かったです。

完全な仕上がりになるまで何度も指導してもらいました。

良かった点2:自分に合った求人を教えてくれる「キャリアマッチ」

「キャリアマッチ」は定期的にメールでお知らせがあります。職務経歴書などを登録しておくとそれに合わせて新着を中心に送られてきます。

通常の条件検索は自分の希望で企業が抽出されますが、キャリアマッチは主に経歴に沿ったものが送られて来ます。

キャリアマッチで知らされる求人は条件指定検索の結果とは違う内容が多いので、普段目にしない求人を自然と見ることができます。

残念な点:年齢制限には対応できていない「キャリアマッチ」

良かった点にあげたキャリアマッチですが、残念な点もありました。

紹介されている求人内容を見ると、時々に年齢制限をかけている会社に出くわします。自分の年齢より下の条件なのです。

この点を問い合わせたところ、下記のような回答でした。

求職者の年齢と求人の年齢制限を照合する仕組みがなく、企業にはできるだけ年齢制限を設けない様に求めますが、今後改善する予定はありません。

リクナビNEXT

良かった点:企業側からのスカウト・オファー

通常の検索であまり興味持てなくても、企業の側から興味を示してもらえていると思うと「関心持てなかったけど応募してみようか」という心境にもなります。

このサイトで応募した企業のほとんどはこの制度を利用したものでした。

残念な点:意外に適当に送られているスカウト・オファーメール

スカウト経由で応募した時に、その会社の人事をやっていた社長さんに聞いたところ、下記のように言われたのはちょっと残念でした。

「条件を設定しておくと自動的に送信されるのでひとりひとりの経歴を見て送っている訳ではない」

また、テンプレートがあるようで、違う企業から送られて来ているのに文面がほぼ一緒だったりしました。

中には自分のどこに興味を持って送ってきているのか(経歴の業種や職種と全く違う場合など)推測できない事もよくありました。

どこかしらがマッチしているはずなので、1度チェックしてみる価値はあります。

DODA

良かった点:企業側からのスカウト

スカウトはリクナビほどではないものの不定期ながら届きます。

残念な点:転職フェアにはやる気のない企業も

大都市が多いと思いますが、ネットの外で面接以外で企業と接する「転職フェア」というものが催されます。

実際に参加して後日書類審査や面接に進んだ会社もありましたが、残念だったのは、下記の点です。

  • 企業によっては早々と撤収している
  • 後日面接の連絡をすると言って連絡が無い
  • 派遣登録の勧誘をする会社もある

また、募集内容と合っていなくても「1度面接に来てください」と言われ実際に面接に行くと募集内容に合っている前提の質問をされることもありました。転職希望者の数を稼ごうとしていたようです。

勿論、真剣に仕事を語って「一緒に頑張ろう!」と言ってくれる会社もあり、参加して損は無いと思います

サイト別効率的利用法

[en]社会人の転職情報

とにかくネット上で行う経歴などの添削が細かいので、各種書類の書き方をここでマスターしましょう。

添削目当ての利用が最大の利点です。

リクナビNEXT

企業側からのアクセスが多いサイトなので、スカウトが来たら元々目を向けなかった業界や職種であっても積極的に応募してみましょう。新しい企業との出会いや自分発見ができるかもしれません。

自分に興味をもってくれた会社に先入観を持たず、積極的に応募することがポイントです。

DODA

マイナス評価をしてしまった転職フェアですが、それを逆手に取ってプラスに利用しましょう。転職フェアのお知らせをチェックして参加してみることです。その上で気に入ったらサイトから応募するのが良いでしょう。

リアルの出会いから、ネットの応募へつなげると良いでしょう。

アドバイス・注意点

とにかく便利

転職サイトは、色んな面で便利です。履歴書を送る前からこちらから情報を送る、あるいは見に来てもらう事ができます。応募もネットで完結する場合もあり履歴書は面接時まで要らない事もあります。

また面接の日時も電話によらずメールのやり取りで決まる事もあります。

インターネットに慣れていない会社もある

注意しないといけないのは、担当者がメールのやり取りに不慣れな場合があるということです。

返事が来ても、1〜2行だけさらっと書いて返事をくれる企業も中にはあり、こちらがほしい情報や反応がもらえない事がよくあります。

電話などで直接話した方がスムーズに進む会社もあります。

郵送などによる応募ができることも

転職サイトに掲載されている企業の中には、ネットからの応募以外に通常の履歴書を先に送る方法でも受け付けている場合があります。

ネットと郵送の両方を用意されていても、企業の担当者がITが苦手だと郵送の方を先に処理している事もあるかもしれません。履歴書の封筒の書き方もしっかり確認しておきましょう。

おわりに

転職サイトのサービスは、それほど大きな差は無いと思います。検索方法などはどこも同じですが、やはりサイトによって特徴があります。

使っているうちにどんなサービスが扱いやすいかわかってくると思いますので、いくつか登録して使いやすいものを優先的に使うといいと思います。

参考にして新しい仕事へつなげてもらえれば幸いです。

(photo by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130319160844 51480efc86403

本記事は、2016年05月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る