生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. より良い相手と出会える、失恋から立ち直る方法

より良い相手と出会える、失恋から立ち直る方法

2013年11月01日更新

 views

お気に入り

当時の恋愛事情

筆者が経験した片思いからの失恋についてつづります。

当時は大学二年生の冬でした。

片思いの相手は、同じ武道のサークルに所属する一つ上の先輩。少し小柄で女の子のように白い肌をした、道着に袴姿が素敵な先輩でした。

あまり言葉も発しないし、そのミステリアスな空気を出す先輩に、私は段々魅かれていきました。

相手が草食男子のため、自分から積極的に

今思うと、草食系男子であった先輩。自分から積極的に行かないと、絶対実らない恋だと分かっていました。

先輩はどちらかと言うとおとなしい性格なので、部活のメンバーの中ではいつもちょこんと端の方に座って皆の話を微笑みながら聞いているタイプでした。

いつの間にか意中の先輩が女の先輩達と仲良しに…

ふと気がつくと、ある時期から意中の先輩が、女の先輩達と急接近していたのです。女の先輩が片思い中の先輩の膝に頭を乗せて膝枕をしていたり、スキンシップが増えていました。

あんなに草食系だったのに、女の先輩達のペースにはまってしまっています。しかも女の先輩達は彼氏が居ます。

今でも何故いきなりそうなったのかは分かりませんが、いつもクラブのメンバーの中でイチャイチャしている先輩達を見ているのは、私にとって辛い時期でした。

このままではいけないと、行動に

ずっと女の先輩達と仲良くしている姿を見るのは本当に辛かったので、意を決して「デートして下さい!」とメールで誘いました。

先輩は、「いいよ」と返事をくれ、次の週末に梅田(大阪)へ。

その日は朝から緊張しましたが、デート自体は本当に楽しくて仕方ありませんでした。プリクラも一緒に撮り、まるで恋人同士…と信じたかった私。

デートの後に、好きですと伝えました。

今伝えておかなければと思っていました。何故ならば、私自身その2ヵ月後に1年間のイギリス留学を控えていたからです。

先輩からは、「ありがとう。」の一言だけでした。

私はそれ以上、付き合って下さいとも言えませんでした。ありがとうの後に続く言葉を何ももらえず、それをNOと受け取りました。

失恋したままイギリス留学へ

失恋した痛みを抱えながらも、私はイギリスへ旅立ちました。イギリスに居る間も、先輩とはチャットで話をしたり、コンタクトは良くしていました。しかし、あの時のことは一度も聞けないままでした。

新たな出会い

もうあれ以上好きになれる人は出来ないままイギリス留学も3ヵ月後に終えるのだろうと思っていた時です。先輩以上に夢中になれる相手が現地で見つかりました。その人が今の夫です。

恋をしているときは、「絶対この人となきゃ駄目だ!」と思うのですが、恋は盲目。彼だけが全てではないのだと悟った時でした。

イギリスから帰国後も、片思いをしていた先輩と道場で会うことは頻繁にありましたが、不思議なことに何も思わなくなっていました。自然と吹っ切れていたのです。それはもっと大切な人が出来たからです。

実体験をふまえて

失恋した時にいつも言い聞かせることがあるのですが、「片思いの相手と付き合えた、もしくは結婚できていたとしたら、相手の嫌なところが見えて嫌いになっていたかもしれない。」

もしあなたが片思いが叶わなかったとしたら、言い聞かせてみてください。そして、立ち直ろうと思う必要はありません、自然に時間と新たな出会いが解決してくれるでしょう。

片思いは、叶わなかったからこそいつまでも綺麗な想い出になるのです。

(photo by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130322011848 514b32e85a461

本記事は、2013年11月01日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る