生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 狭い部屋で生活するためのコーディネート術

狭い部屋で生活するためのコーディネート術

2015年03月12日更新

 views

お気に入り

はじめに

まもなく新生活を始めようとしている方も多いと思います。そこで今回は狭い部屋でも快適に生活ができるインテリアコーディネートの工夫をご紹介したいと思います。

コーディネートの工夫

ポイント1:頭の上の空間を活用する

床面積が小さいとき、あらゆる家具をフロア上に置くと生活空間が狭くなってしまいます。よって頭の上の空間を有効活用しましょう。

特にベッドをロフト式にすることは有効です。一般的なものでもおよそ1mx2mほどの面積をとってしまいますが、ロフトにすることで床に別の家具を置くことができます。

ポイント2:ローデスクを活用する

ベッドを上の空間に設置したことにより空いた床を有効活用するために、仕事用のデスクも低いものを使うようにします。

これによって座椅子で作業ができるようになり、大きなチェアも不要となります。さらにスペースの節約につながりますね。

ポイント3:くつ箱を活用する

新居にはくつ箱が付いていると思いますが、ここを物入れとして活用しましょう。仕切りを外すことによって大きな空間を作り、扇風機やストーブといった、かさばる季節ものの道具を収納するようにします。

過ごしやすさや不便な点

過ごしやすさ

背丈の高い家具と低い家具をバランスよく組み合わせることで、省スペースの配置を行いますので、割りと床面積を広く確保することができます。

不便な点

食事や作業などを座椅子で行うので、腰痛などがある方には良くないかもしれません。

注意点

上の空間を利用するので、ワンルームでも影になるところが出てきてしまいます。なのでクリップライトを購入するなどして明かりの補完を部分的に行うようにしましょう。

おわりに

以上で著者が実践しているインテリアコーディネートのポイントの説明は終了です。ぜひ参考にしてください。

(photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130321230742 514b142ee021e
  • 20130321221700 514b084c1e2e1

本記事は、2015年03月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る