生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7.  
  8. 下町の風情たっぷり!東京・浅草エリアの楽しみ方

下町の風情たっぷり!東京・浅草エリアの楽しみ方

2013年03月22日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

大都会・東京には、昔の面影を残した魅力的な下町が沢山あります。今回は、著者が浅草を訪れた時の旅行体験談とおススメスポットをご紹介させていただきます。

著者の旅行の詳細

2010年8月に、2泊3日の日程で姉と旅行してきました。宿泊は、浅草の「つるや旅館」と鎌倉の「Hotel鎌倉mori」に1泊ずつし、電車を利用した旅でした。

東京では、浅草をはじめとする下町巡りを堪能し、観光スポットや気になる美味しそうなお店にたくさん立ち寄りました。

旅行の詳細体験記

浅草のおススメ観光スポット:浅草寺

江戸の趣を色濃く残す、日本を代表する観光名所。浅草寺の創建は、推古36(西暦628)年というから、その歴史の長さにビックリ!総門にて、堂々と威容を現す雷門提灯は、何回見ても迫力満点です(記事トップの写真参照)。境内無料。

浅草のおススメグルメ1:吉備子屋

仲見世にある有名なきびだんご専門店。ビー玉サイズの可愛らしい団子が4つ串刺しになったものを、ピンク色の袋に入れて提供してくれます。無添加&ヘルシーで栄養価が高く、浅草散策中のおやつにピッタリです。5本300円。

浅草のおススメグルメ2:正ちゃん

浅草で食べたみたいと思っていたのが、屋台料理。哀川翔がテレビ出演していた際にここをおすすめのお店に挙げていたり、とんねるずの番組のきたなシュランというコーナーで取り上げられていたりして、ずっと気になっていました。

看板商品は、牛の煮込み。屋台料理は、外の風が感じられて気持ちよく、地元のお客さんと遅くまで話が尽きませんでした。コラーゲンたっぷりの料理だったので、翌日はお肌の調子がいつもより良いような気がしました。

正ちゃんの場所は、こちら。おかず3~4品とビールで、一人2000円ぐらいでした。

浅草エリアの良かったところ

下町の風情がたっぷり!

何も飾ったところのない、昔ながらの寺社の参道や商店街は、どこか昭和時代に戻ったような懐かしい感じがして心が落ち着きました。

浅草エリアのイマイチだったところ

今回は、特にありません。

旅行する人に向けてアドバイス

雷門から仲見世をぶらりと歩いて、浅草寺でお参りを済ませたあとは、浅草花やしきで遊んだり、浅草演芸ホールで芸人さんの巧みな話術を楽しんだりすることをおススメします。

また、この界隈にある「蛇骨湯」や「寿湯」などの昔ながらの銭湯もおススメです。ホテルの部屋でシャワーを浴びるより、ずっと疲れがとれますよ。

おわりに

東京の下町の良さを再確認できる、充実した旅となりました。皆さんもぜひ心の赴くままに、ぶらぶら散策を楽しんでみて下さいね。

(photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130220111808 5124326061b14
  • 20130322133636 514bdfd41a35d
  • 20130220112443 512433eb8090d

本記事は、2013年03月22日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る