生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 加減速を減らして!環境に財布にやさしいエコドライブをする方法

加減速を減らして!環境に財布にやさしいエコドライブをする方法

2013年03月22日更新

 views

お気に入り

はじめに

加減速を少なくしてエコドライブすることは、ガソリンの減りが少なくなって燃費が良くなるとともに安全運転にも繋がり、一石二鳥です。

実際に著者が実践しているエコドライブの方法を紹介します。

著者の車に関する情報

車や運転に関すること

  • 運転歴:8年
  • 車種:スズキ アルトラパン(AT・H17年式)
  • 同乗者:主に子ども1人
  • 走行する道:市街地

エコドライブを実践しようと思ったきっかけ

普段からエコな生活を心がけていてなるべくエネルギーを使わないように生活しています。できることなら「脱・車」をしたいのですが、住んでいる地域が車必須の田舎でなかなか難しいのです。

どうせ乗るなら、ガソリンの消費をなるべくしないようにエコドライブをしようと思ったのがきっかけです。

加減速を少なくしてエコドライブをする方法

STEP1:発進は20km/hを5秒かけて

車が発進するときは多くのガソリンを必要とします。まず発進の方法ですが、ブレーキを離し、ここで一呼吸おきます。AT車特有のクリープ現象で車が動き始めたら、アクセルをゆっくり踏みます。

速度メーターを確認し、20km/hまでを5秒かけて加速していきます。

STEP2:オーバードライブをオフにする

走行中は、車間距離を開けてなるべく一定の速度で走行します。前方の車が速度を落としたりブレーキを踏んだ時には、まずオーバードライブをオフにします。また、カーブの手前の減速もオーバードライブをオフにすれば大体はブレーキを踏まなくても大丈夫です。

走行中の多少の減速はオーバードライブオフによるエンジンブレーキでまかなえるでしょう。

オーバードライブは普段はオンにして、長い下り坂や減速したい時などエンジンブレーキを効かせたい時にオフにします。2速では遅すぎるけど、Dでは早すぎるときに使ってください。
オーバードライブと似たような機能でスポーツモードと書いてある車もあります。

STEP3:減速はエンジンブレーキを活用する

走行中は周りの状況に目を配ります。前方の歩行者信号が点滅を始めたら、アクセルから足を離して速度を落とします。次にオーバードライブのスイッチを押します。速度が40km/hまで落ちたら、ギアを2速にダウンします。停止線または前方の車に近づいたらブレーキを踏みます。

STEP4:エコドライブ機能を活用する

エコドライブ機能を搭載している車は年々多くなってきています。搭載してあるのに使っていないのはもったいないです。著者の車はナビに機能が搭載してあるのでそれを活用しています。

エコドライブ機能は、自分の運転の改善ポイントを記載してくれ、5段階で評価してくれます。厳しい評価をしてくれるので、やりがいがあります。

エコドライブをして感じていること

著者の車はエコドライブをすることでリッター15kmだったのが17kmになり、燃費が1リットル当たり、2km伸びました。

月に約30Lのガソリンを給油するので、エコドライブにより60km余計に走ることができた計算になります。

つまりは4Lの得ですから金額にすると600円です。(150円/Lの場合)

おわりに

著者が実践しているエコドライブについて紹介しました。

エコドライブをすることで自然と安全運転につながります。ガソリン高騰に一喜一憂するよりもエコドライブで燃費を伸ばし、安全な運転をしたほうが賢いと思います。

ぜひ、あなたもエコドライブに挑戦してみましょう。

(photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130321170738 514abfca4cf48
  • 20130321170759 514abfdf475ae

本記事は、2013年03月22日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る