生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon businessビジネス・経済

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7. 通知状の書き方

通知状の書き方

2013年03月21日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

ここでは、通知状の書き方についてご紹介します。

通知状とは

通知状とは、事務的な事柄を相手に知らせる場合に送る文書のことを指します。

いつ送る?

  • 出荷
  • 納品
  • 送金
  • 書類送付
  • 価格改定
  • 営業日変更
  • 休業日変更
  • 臨時休業
  • 採用結果
  • 休業日

などを通知するときに送ります。

送る目的は?

先方に連絡事項を、正確かつ具体的に伝えることが目的です。基本的に、先方からの回答を必要としない場合に用います。

通知状を送る際に押さえておきたいポイント

通知状を送る際は、以下のポイントを押さえておきましょう。

  • 「何に関する通知か」がすぐにわかる件名
  • わかりやすく伝えるための用件の整理
  • 内容にもれがなく正確なこと

文例

①:件名を見ただけで「何の通知か」がすぐにわかるようにつけましょう。

②:時候の挨拶など、前文を添えましょう。

③:同封書類の内容ついて、別記としてまとめます。

おわりに

通知状は挨拶状などと異なり、ビジネスライクな簡略化した文面でも問題ありませんが、くれぐれも失礼のない文面を心がけるようにしましょう。

書籍情報

書籍名 ビジネス文書の書き方がかんたんにわかる本
出版社 日本能率協会マネジメントセンター
発売日 2009/2/26
購入 Amazon
書籍名 早引き! ビジネス文書の文例+マナー事典
筆者 福島 哲史
出版社 成美堂出版
発売日 2010/4/9
購入 Amazon

(photo by amanaimages, 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130328141602 5153d212a9254
  • 20130321161105 514ab28919071

本記事は、2013年03月21日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る