生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon beauty美容・ビューティ

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 時間を有効活用!時短ふんわりヘアの作り方

時間を有効活用!時短ふんわりヘアの作り方

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

はじめに

ふんわり素敵なヘアスタイルにしたいけれど、朝からアイロンなんてしている暇がない!そんな方にオススメな、時短でできるふんわりヘアの作り方を紹介したいと思います。

準備するもの

  • ヘアゴム・・・1個
  • ヘアピン・・・1本
ヘアゴムもヘアピンも、どんなデザインのものでもかまいません。

時短ふんわりヘアの作り方(所要時間:放置する時間を除いて約3分)

朝起きたらすぐにセットしてください。家事やメイクをしている間に型がつきます。

STEP1:前髪をねじる(約10秒)

前髪を手に取り、内巻にくるくるねじります。

STEP2:前髪を留める(約10秒)

ねじり上げた前髪を、ピンでクルンと固定します。

このまま放置すると、斜め前髪ができます。

STEP3:髪を結ぶ(約20秒)

髪を後ろで1つに結び、毛先を抜いてしまわずに、団子状にします。

STEP4:そのまま放置(1時間程度)

前髪をねじり上げ、後ろに簡単なお団子を作った状態で、しばらく放置します。この間に、家事やメイクなど、他の用事を済ませてしまってください

放置時間は髪質にもよりますが、1時間程度が目安です。

STEP5:ピン・ゴムを外して整える(約30秒)

前髪のピンを外すと、ふんわりと斜めの前髪ができ、結んでいるゴムを外すと、ふんわりと緩いウェーブヘアになっています。手ぐしで簡単に整えれば出来上がりです。

ワックスやヘアスプレーを使って整えると、よりヘアスタイルが長持ちしますよ。

ヘアセットを時短にするコツ

時短でもきちんとセットしたようなヘアスタイルを手に入れたい場合は、「ながらヘアセット」がオススメです。

この記事で紹介したように、朝の身支度の間に型を付けてしまったり、夜寝る前に髪を三つ編みや編み込みにしてしっかりしたウェーブを作っておくと、朝は手ぐしで整えるだけでヘアセットが完了します。

カーラーを巻いて寝るのも効果的ですよ。

時短にしやすい髪型

ショートヘアは手間がかからず、朝のヘアセットが短時間で済みそうに思えますが、実はそうでもありません。ショートヘアのほうが寝癖などが付きやすく、毎朝きちんとアイロンを当ててセットしないと、ただのボサボサ頭になりがちです。

また、肩くらいまでのセミロングヘアも、毛先がイマイチ決まらなかったり、結ぼうと思っても髪が落ちてきてうまく結べなかったり…セットが意外と難しく、時間がかかってしまいます。

その点、鎖骨程度のロングヘアは寝癖がつきにくく、セットの決まりにくい雨の日も、ひとまとめに結ぶだけでもそれなりに見えるので、時間のない朝でも楽ちんです。

レイヤーをあまり入れない、重ためのスタイルにすると、後れ毛が出ずに結びやすくなりますよ。

時短ヘアセットの注意点

時短でヘアセットをしようと、この記事にあるような放置して型を付ける方法を行うと、強く型がつきすぎてしまったり、思ったような状態に仕上がらないことがあります。

そんなときには、前髪はポンパドールにしたり横に流してピンで留め、後ろの髪は1つにまとめてしまえば失敗が分からず、おしゃれに決まります。

おわりに

前髪の切り方でもふんわりしやすくすることもできます。女性は、どんなに忙しい時でもおしゃれを忘れたくないですよね。そんな女性のために、この記事がお役に立てば幸いです。

(photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130320134914 51493fca03e03
  • 20130320135046 5149402671583
  • 20130320135259 514940ab7393f
  • 20130320141935 514946e78f75e
  • 20130320142119 5149474fb8f52
  • 20130320142235 5149479bf1a92
  • 20130320142439 514948173e4a1

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る