生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 親友のおかげ!付き合っていた彼にフラれて、立ち直った体験談

親友のおかげ!付き合っていた彼にフラれて、立ち直った体験談

2015年03月03日更新

 views

お気に入り

当時の恋愛事情

著者が20歳の頃に付き合っていた彼は、著者より10個も年上の、大人の魅力を感じさせてくれる彼でした。大人な中にも少年っぽさがあり、そんなところも大好きでした。

彼が年上であることと、著者も20歳を過ぎたことから、著者は結婚を意識して付き合っているつもりでした。付き合って1年くらいが経っていたので「そろそろ、具体的に結婚の話もしたいな・・・」なんて考え、幸せの絶頂でした。

彼の秘密を知ってしまう・・・

ところがある日、彼の秘密を知ってしまうことになります。実は彼には、家庭があったのです。

奥さんと子供がいて、「やっぱり、家族が大切だから・・・」と、著者はフラれてしまいました。

フラれて失恋したことと、大好きな人に騙されていたことで、ダブルのショックを受けてしまいました。

親友の励まし

大好きな彼を失い、騙されていた事実を知った著者は、とてもみじめな気持になり、ふさぎ込んでしまいました。

「もう、誰のことも信じるもんか・・・」なんて、人間不信にさえ、陥りかけていました。

そんな時タイミング良く、親友が訪問してきたのです。泣き腫らしてボロボロの著者の顔を見て、親友は著者の話を聞いてくれました。

人間不信になりかけていても、親友の顔を見ると安心し、話さずにはいられませんでした。

親友は著者の話に、口をはさむこともなく、ただ静かに耳を傾け、そして一緒に泣いてくれました。一通り話すと、今度は彼に腹が立ってきました。そして、怒っている著者と共に、親友も怒ってくれました。

それから、「ちょっと気晴らしに、カラオケでも行こう!」という親友の誘いに乗って、2人でカラオケに行き、思い切りはしゃぎました。

親友と共に泣き、怒り、笑って楽しんだことで、その1日が終わるころには、なんだか彼のことなんか、どうでもイイことのように思えてしまい、失恋が大きなショックではなくなりました。

親友が側にいてくれたおかげで、人間不信にもなりませんでした。

誰かが側にいてくれることが大切!

著者はこの経験から、辛い失恋の後には1人でクヨクヨしているよりも、誰かに話したり一緒に騒いだり、誰かが側にいてくれることが大切なのだと感じました。

著者はこの時、側にいてくれた親友に心から感謝したので、周りに悩んだり辛い思いをしている友人がいれば、このときの親友と同じように側に行き、話を聞き、共に時間を過ごすようにしています。

「男一瞬、ツレ(友達)一生」なんて言葉を聞いたことがあります。人を騙すようなくだらない男のことでいつまでも落ち込んでいるよりも、大切な一生の友達との時間を楽しんだほうが、ずっと有意義な人生になりますよね。

この記事が、失恋で辛い想いをしている方のお役に立てれば幸いです。

(photo by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130321095040 514a596000f7d

本記事は、2015年03月03日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る