生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 古き良き日本文化を楽しもう!京都のオススメのお土産3選

古き良き日本文化を楽しもう!京都のオススメのお土産3選

2013年03月21日作成

 views

京都といえば、日本の古き良き文化が残る素敵な観光地ですよね。そんな京都に行ったら、お土産選びも楽しくなってしまいます。

そこで、京都近隣の県に住んでいて、年に1度は京都の観光を楽しんでいる著者がオススメする「京都のお土産3選」を紹介したいと思います。

目次

京都のおみやげの特徴

京都には、日本古来の古き良き文化が根付いているので、お土産もそのような文化を反映したものが多くあります。特に、和を活かしたお菓子類や漬物類などが有名です。

また、京都独自の文化もあり、その中でも特に有名なのが「舞妓さん」ですよね。そんな舞妓さんの使用しているお化粧品なども、とても質の良いものが多く、女性へのお土産にすると喜ばれます。

和を活かしたお土産選びがオススメです。

京都のお土産3選

その1:京ばあむ

京ばあむは、抹茶豆乳を使ったバウムクーヘンです。和と洋の融合が楽しめるお菓子で、お茶ともコーヒーとも良く合います。

大きさも3種類あるので、贈る相手の家族構成によって選べる点も嬉しいポイントです。

価格も1050円からと手ごろなので、気軽にお土産にしやすいのも魅力です。
販売店舗は多数ありますが、下記のチョコおたべと同じお店で購入できます。

その2:チョコおたべ

京都の銘菓といえば、おたべですよね。ですが、ニッキとあんこを使用した昔ながらのおたべは、苦手という人もけっこういるものです。苦手ではなくても、京都土産としてありふれていると感じてしまう人もいるでしょう。

そこでオススメなのが、チョコおたべです。著者は正直、和菓子全般が苦手なのですが、このチョコおたべは大好物です。

おたべの柔らかい生地に包まれた、しっとりとしたチョコがクセになる味わいです。おたべにチョコ、という意外な組み合わせで、贈った方に喜ばれること間違いなしです。

このチョコおたべを購入できるお店は何店舗かあるのですが、オススメなのは京都市南区にあるおたべ本館です。この店舗にしかないお菓子があったり、工場見学もできるので、購入の過程も観光の1つとして楽しめます。

お土産を渡す際、素敵な「土産話」ができますよ。

この商品は季節限定商品なので、時期によっては購入できないこともあります。秋ごろに行った際には購入できました。

その3:あぶらとり紙

よーじやのあぶらとり紙は、知る人ぞ知る、高品質なあぶらとり紙です。著者はどちらかというと乾燥肌なので、今まであぶらとり紙やあぶらとりフィルムを使用しても、大してあぶらが取れたことはありませんでした。ですが、この商品を使って衝撃を受けたのです。

それ以来、京都に行くたびに大量購入し、女性へのお土産にしています。とても好評でファンになる方が多く、著者が京都に行くと聞くと、「また、あぶらとり紙よろしくね。」と頼まれるくらいです。

購入できる店舗も多数あるのですが、オススメは銀閣寺店です。観光ついでに購入できるうえ、素敵なカフェも併設されているので、京都を思う存分満喫しながらお土産選びができますよ。

10冊組3000円程度で販売されているので、まとめ買いして配るのがオススメです。

京都でお土産を買う際のアドバイス

京都でお土産を購入するのに悩むのは、「あまり良いものがなくて、何を買ったら良いのかわからない」ということではなく、逆に、「良いものがたくさんありすぎて、何を買ったら良いのかわからない」という点でしょう。

京都には魅力的なお土産がたくさんあります。「京都限定」という名前の付いたものも山ほどあります。

せっかくたくさんの素敵なお土産があるのですから、頭を悩ませるだけでなく、選ぶ過程も楽しんでしまいましょう。

この記事でも紹介したように、工場見学のできるお土産屋さんがあったり、カフェ併設のお土産屋さんがあったり、お土産選びを楽しめる店舗もたくさんあります。

そのようなお店で、いろいろな体験をして、観光をして、素敵な土産話と共にお土産を贈れば、喜ばれること間違いなしですよ。

おわりに

京都には、美しいものもおいしいものもたくさんあります。ミーハーに、京都の有名なお土産を贈るのも良いですし、ひとひねりした面白いお土産を贈るのも素敵です。

贈る相手の喜ぶ顔を想像しながら、素敵なお土産選びをしましょう。

(photo by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130320131029 514936b5c49ce

本記事は、2013年03月21日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る