生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon family家族・人間関係

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 几帳面で口うるさい夫の対処法

几帳面で口うるさい夫の対処法

2013年03月21日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

夫婦共働きの家庭が増え、家庭内における夫の立場というのは大きく変化しました。夫を立てて、妻は3歩下がって……なんて考え方は、とっくに風化してしまったように思います。

「亭主関白」という言葉も、めっきり聞かなくなりました。仕事も家事も頑張っている妻に、夫があれこれ口出しできる立場ではなくなってしまったのです。それでも、几帳面で神経質な性格の男性なら、妻の家事のやり方に、あれこれ口出ししてきたりするものです。

そんな面倒な夫に対する対処法を紹介したいと思います。

几帳面で神経質な性格にうんざり…

夫が几帳面で神経質な性格だと、少し家事を手抜きしただけでも、口うるさく言われたりしますよね。

お料理する時間がなくて、お惣菜や冷凍食品に頼ったときや、お掃除する時間がなくて、少し部屋が散らかってしまったときに、「今日もお惣菜か…」「この散らかった部屋、もう少しどうにかならないのか…」なんて、イラッとくる小言を言われたりするものです。

それから、突然思い立ったように、文句を言いながらこれ見よがしに片づけを始めたりするので、よけいにイライラしてしまいます。

家事に夫の担当を作ってしまおう!

そんな風に夫が几帳面で口うるさいことにうんざりしてしまった場合は、腹を立てながら夫の言われた通り家事をこなそうと頑張っても意味がありません。自分の負担が増えて、つらくなるだけです。

そんな時は、主婦としてのプライドを捨てて、「ごめんね。私、掃除が苦手だから…あなたの思うようにできなくて。」と素直に認めてしまいましょう。それから、

「だから、これからは掃除や片づけは、得意なあなたの担当にするわ。気が済むようにやってね。」と言ってしまえばよいのです。そうすれば、家事の時間に余裕ができるので、その分お料理だって頑張ることができます。

夫の几帳面な性格を、うまく利用してしまいましょう。

「じゃあ、あなたがやってよ!」というような感情に任せた言葉は控え、あくまでも下手に出て、頼んでみてください。

夫を手の中で転がしてしまおう!

夫を立てて、夫の下手に出ることは、時代遅れかもしれません。ですが、その手法は夫の家事協力に絶大な効果を出すことがあるのです。

几帳面で口うるさい夫に、いちいち言い返すのではく、そのたびに自分がうまく家事をこなせていなかったことを謝り、「あなたのようにはできないわ。」と夫を立ててしまうのです。

夫が掃除や片づけをしてくれたら、「ありがとう。さすがね。」と思い切り褒めてしましましょう。夫を立てれば、夫の気分が良くなるので、文句を言うことも減ります。

夫を立てることで家事に積極的に協力してもらい、手の中で転がしてしまいましょう。

几帳面な夫の文句や言葉にイライラしてしまうのは、自分ひとりで家事のすべてを背負いこまなければならないと考えているからではないでしょうか。自分の考えを少し変えるだけでも、夫の見方が変わってくるものです。

案外、問題点は夫にではなく、自分にあるのかもしれません。

おわりに

「どぐさい嫁には素早い夫」なんて言葉があります。夫婦というのは、お互いの欠点を補い合いながら、素敵な関係を築いていけるものではないでしょうか。「家事は女の仕事だから」なんて堅い考えは捨てて、几帳面な夫ならば、その性格に甘えて家事を任せてみましょう。

共働きで、夫婦で協力しあいながら家庭経営をしていく時代です。家事も、協力し合うのが当たり前だと考えましょう。自分の気の済むようにやってもらえば、家庭内は清潔に保たれますし、夫は自分が掃除しているのですから、文句が出ることもなくなりますよ。

(Photo by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130320090254 5148fcae09506

本記事は、2013年03月21日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る