\ フォローしてね /

心休まる緑の寺院!山形県、国見山玉川寺(ぎょくせんじ)体験談

現在東京に暮らす筆者は、結婚前まで20年弱山形に住んでいました。

しかし、広い山形はまだまだ知らない観光地や名所がたくさん。結婚後も帰省した際に友人と遊んでもらっています。

この旅はGWに帰省した際のもので友人が案内してくれました。

山形県旅行の詳細

  • いつ=2011年春
  • 旅行日程=1泊2日
  • 宿泊先=友人宅
  • 誰と=友人と2人旅
  • どのエリアに=山形県鶴岡市羽黒町の「国見山玉川寺」
  • 何をしたか=庭園拝観

「国見山玉川寺」の詳細

見どころ

「国見山玉川寺」は鎌倉時代(1251年)に開かれた曹洞宗の寺院で、玉川寺庭園と言う大きな池を中心とした庭が有名です。

山形は桜のピークは4月下旬からなのでGWの頃はまだ桜を見ることが出来ます。この日も庭園の池に舞う桜の花びらが見事でした。

どこに目線を移しても美しい配置の庭園が目に入り、本当に心休まる時間を過ごすことが出来ます。

お抹茶を頂くことが出来るようでしたがさすがGW、大変な混みようでとても待てなかったので残念でしたがまた今度と言うことで諦めました。庭園を眺めながらのお抹茶、とても美味しそうでした。

また、ここは全国でも珍しい九輪草(くりんそう)の純群落があるそうで、境内中に花が咲く光景は本当に美しいとのこと。見頃は5月中旬~6月初旬だそうなので筆者達はちょっと時期が早く見ることが出来ませんでした。

マナーや注意点

寺院ですので撮影の可能・不可能場所はしっかり守りましょう。また、もちろん大きな声なども気をつけて。

よかったところ・イマイチだったところ

良かった点

とにかく趣のある建物の保存状態が良く空気が綺麗で何度も深呼吸してしまいたくなりました。

イマイチな点

駐車場が少なく、車を停めるのにだいぶ時間がかかりました。

観光に関するアドバイス

帰ってからWEBサイトを見てみると「花の寺」と呼ばれるほど四季折々たくさんの花が楽しめるそうなのでぜひ花の時期を調べて行くことをオススメします。

おわりに

今度はぜひ父母を連れて行きたいなと思う、心休まる美しい場所でした。にぎやかな流行りの観光地も良いですが、こういった歴史ある場所を教えて貰えるのは嬉しいものですね。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。