生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon family家族・人間関係

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 妻の疲れを取る3つの言葉

妻の疲れを取る3つの言葉

2010年11月13日作成

 views

いつまでも仲良し夫婦でいたいと言う気持ちは誰にでもあると思います。ちょっとした言葉で、妻の疲れは吹き飛ぶものです。それほど「言葉」というものは重要なものなのです。

妻にかける「言葉」を少し見直してみませんか?そこで妻の疲れを取る3つの言葉を提案します。

目次

「お疲れ様。ゆっくり休んで。」

まず「お疲れ様。」という一言はとても重要です。あなたも妻からこの一言を言われるのと言われないのとでは、気持ちに格段の差があると思いませんか?

そして、普段家事・育児・近所付き合いなどでなかなか気を抜けない妻に「ゆっくり休んで。」と身近な夫であるあなたが言ってあげることで、妻は安心して休むことが出来るでしょう。

「お疲れ様。たまには気分転換に旅行にでも行って来たら?」

妻はもしかしたら、夫に遠慮してどこにも行けずにいるのかもしれません。妻だって少し現実を離れ、気分転換をしたいのです。

こんな一言を言ってもらえたら、妻は夫を「なんて理解のある優しい夫なんだろう。」と見直すこと間違いありません。

この一言を言うことによって、後々夫であるあなたがゴルフなど趣味で出掛ける時にも妻は多めに見てくれて好都合になるでしょう。

「お疲れ様。たまには好きなものを買っておいでよ。」

案外妻は「夫は何も買ってくれない。釣った魚にエサはくれないのね。」と不満に思ってるかもしれません。節約ばかりで、精神的にストレスを感じているかもしれません。

この言葉を言ってあげるだけで、妻は「あ、買ってもいいんだ。」とゆとりを感じて嬉しくなり、逆にそれほど無駄遣いをしなくなるものです。

人間というものは「ダメ!」と言われると不満を感じてやりたくなり、許可されると案外しないものです。 その感情を利用して心の広い言葉をかけるのがコツです。

おわりに

いかがでしょうか?言うのはタダです。タダで妻の疲れを取り、それは回りまわって妻が夫に優しくなる・・・・ということにも繋がります。

普段から妻への優しいねぎらいの言葉を口にして、いつまでも平和で幸せな夫婦生活を送りたいものですね。

本記事は、2010年11月13日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る