生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 山形の庄内地方に行ったらコレ!山形のおすすめお土産の紹介

山形の庄内地方に行ったらコレ!山形のおすすめお土産の紹介

2013年03月19日作成

 views

山形県は、内陸と海側とで、気候風土が違い、季節ごとに表情も全く違うので、いつ行っても楽しめる土地です。

山形に田舎のある筆者がオススメする庄内地方のお土産をご紹介します。

目次

筆者の山形滞在歴

小さいころから毎年田舎に帰って、1週間程度過ごしてきました。田舎は庄内地方、海の幸も山の幸も楽しめる土地です。

人気のお土産

1.特産の「だだちゃ豆」を使ったお菓子

山形と言えば「だだちゃ豆」と、思い浮かべる方が増えました。「だだちゃ豆」は、庄内地方の言葉で「おとうさんの豆」という意味です。農家のお父さん達が作ってくれた美味しい豆です。この特産の枝豆を使ったお菓子、本当にたくさんあります。

筆者のオススメを3点ほど。

お土産物店では、だいたい試食させてくれますので、どのお菓子が好みか、確かめてから買うのをオススメします。
JAが運営するショップです。色々見られるので、旅行しなくても買うこともでき、便利です。「だだぱら」

2.月山ワイン

これは近年作られ始めたのですが、月山で撮れる山ブドウを使ったワインです。

とてもおいしいのですが、作られる数が少ない&超人気品なので、行ったときに確実に買えるかどうかはわかりません。もし買うことができるなら、オススメです!

こちらは参考ページになります。「月山ワイン」

3.保存食から発展した伝統のお菓子「古鏡」

3個入り、6個入り・・・色々ありますが、どっしりと重たいお菓子です。画像で分かるように中におもち(ぎゅうひ)が入っていて、粒あんを固めたもの、周りはお砂糖をまぶしてあります。

庄内から少し山の方へ入ると、「山伏の里」になります。山伏は遠い距離を移動したので、こういった日持ちのするものを持ち歩いたといわれています。

昔の山伏を偲べるお菓子や食べ物も、庄内の魅力です。年配の方には特に喜ばれるお土産です。

「古鏡」の名の由来は、出羽三山神社の前にある鏡池から、大量に出てきた古代の鏡です。形が丸く平たいのはそのせいです。
こちらは参考ページになります。「木村屋の古鏡」

これから山形に旅行する方へのアドバイス

山形は、それぞれの季節ごとに名物がある土地です。

今ご紹介した冷凍のだだちゃ豆やフリーズドライは一年中買えて便利ですが、せっかく行くなら、春ならさくらんぼ、夏ならだだちゃ豆、秋冬なら庄内柿やラ・フランスと、季節に合わせて選ぶのが一番オススメです。

お菓子や日持ちのするもの以外は、ほとんどのお土産物店で「採れたてを発送」してくれるようなシステムもありますので、うまく利用してください。

おわりに

庄内は、海の幸も食べられ、山の幸もあり、いつ行っても楽しめます。お土産物もとても多く、迷ってしまうと思いますが、上記のような土地の物を使った食品をオススメします。

(photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130315184959 5142eec728838
  • 20130315185019 5142eedb2ef56

本記事は、2013年03月19日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る