生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 楽しく終ろう!ホームパーティーの片付けのポイント

楽しく終ろう!ホームパーティーの片付けのポイント

2016年05月12日更新

 views

お気に入り

はじめに

ホームパーティーは自分たちのペースで楽しめてくつろげるものです。幹事も一緒に楽しむために、自宅で開催するときの片づけのポイントをご紹介します。

著者が幹事をしたホームパーティー

  • 時期:12月のクリスマス
  • 場所:著者自宅のリビング(約10畳)
  • 参加者:著者と友人、友人の友人などで大人8名
  • 会費:2,000円ほど

幹事になったきっかけ

友人と「クリスマスパーティーを開きたいね」という話から、広さがちょうどいい著者宅を提供することになりました。

ホームパーティー後の片付けのポイント

ポイント1:片づけやすい食器

少人数なら自宅の食器を提供してもいいですが、パーティーで割れたらショックです。

著者は、乾杯用のシャンパングラスは用意しましたが、その後の食事などはできるだけ紙皿と紙コップで対応しました。

紙皿や紙コップなどはデザインのかわいいもので揃えましょう。楽チンなだけでなく、パーティー気分をあげるグッズになります!

ポイント2:分別を手伝ってもらう

そろそろお開き、という時間になったらさっとゴミ袋を用意しましょう。

「缶はここへ!」「お皿はこっちへ!」というように、各自使っていた紙皿や紙コップ、空いたビン・缶を分別してもらいます。

グラスなどの自宅の食器は、キッチンの流し台まで運んでもらいましょう。

著者の場合、夫が手伝ってくれたので、みんなに帰宅してもらった後にゆっくり2人で片付けました。

大量に洗い物がある場合は、幹事だけだと大変です。洗い係や拭き係に分かれて手伝ってもらいましょう。

ポイント3:余ったもの

食べ物や飲み物など、食べきらないことがほとんどだと思います。

参加者全員が電車だったので、日持ちして軽いものなどは持ち帰りたい方で分け合い、栓の開いたドリンクなどは、そのまま残してもらいました。

「片づけ代としてもっちゃうね」と言うと、みんな「ありがとう!!」と言って気持ちよく置いていってくれます。

最後の片づけを著者がする代わりに、余ったものをいただくというような交換条件にすると、ゲストも罪悪感が薄れるようです。

おわりに

楽しいパーティーにするためにも「終わり良ければすべて良し」です。

幹事は準備や片づけが必要になりますが、気を使いすぎず、お願いしたり提案することで負担はできるだけ軽減しましょう。その方がゲストにとっても罪悪感が少なく、みんなが楽しめるパーティーになるでしょう。

(photo by amanaimages)
(photo by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130318190631 5146e72784651
  • 20130318192023 5146ea674c998

本記事は、2016年05月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る