生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon housing不動産・住宅

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 借地でコインパーキングを経営するときのマネープランの立て方

借地でコインパーキングを経営するときのマネープランの立て方

2013年03月19日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

最近では、自身が所持している土地でなく、借地で駐車場経営を始める人も増えています。

ここでは、借地でコインパーキングを経営するときの、マネープランの立て方についてご紹介します。

借地でコインパーキングを経営した場合の収支

借地でコインパーキングを経営する場合、最も大きなコストは「土地代」です。

月極駐車場として使用されていた土地を借りてコインパーキングを運営する場合、月々の賃料は、月極駐車場の1.2~1.3倍が相場と言われています。

土地代の他には、機器工事費等のリース料、メンテナンス料がかかります。

ここでは、賃料月3万円の月極駐車場10台分をコインパーキングに切り替えた場合の収支について説明します。リース料、メンテナンス料に関しては、概算の数値を示しています。
土地代 3万円×10台×1.3=約39万円
リース料 約10万円
メンテナンス料 約3万円
売上予想 30万円×3=約90万円/月
コスト予想 39万円+10万円+3万円=約52万円/月
利益予想 90万円-52万円=約38万円
利益率 38万円÷90万円=約42%

月極駐車場として貸し出されていた時の3倍の売上が期待できると仮定します。

おわりに

コインパーキングは利益率が高いのが魅力です。しっかりと計画を練って、堅実な経営を心がけましょう。

書籍情報

書籍名 実践コインパーキング事業―事業の魅力、経営の実態と法的諸問題の解決 (不動産実務シリーズ)
筆者 野坂 弦司、立川 正雄、出口 和生
出版社 にじゅういち出版
発売日 2008/03
購入 Amazon

(photo by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130319175429 514827c59f1b4

本記事は、2013年03月19日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る