生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 彼女の言いたいことは何?彼女がケンカをしかけてきたときの対処法

彼女の言いたいことは何?彼女がケンカをしかけてきたときの対処法

2016年05月12日更新

 views

お気に入り

はじめに

ケンカするほど仲がいい…とも言いますが、しょっちゅうケンカばかりしているのもエネルギーを消耗しますよね。

自分が心を広く持とう!と思っても、彼女の血の気が多いとケンカは起こるもの。ここでは主に彼女がふっかけてくるケンカへの対処法を、いくつかご紹介します。

よくあるケンカの原因

お互いの言動が原因

「話を聞いてない」「食べ方が気に入らない」「自分が大事にしているものを悪く言った」などです。相手の性格やライフスタイルを直してほしいというものと、価値観の違いからくるものがあります。

嫉妬やかまってほしい気持ちが原因

「他の女性と食事に行った」「合コンに参加した」「連絡をまめにくれない」など、嫉妬心や自分にもっと関心をもってほしい気持ちからくるものです。

ストレスが原因

身に覚えがない時に、いつもなら怒らないようなちょっとしたことでイライラしてケンカをふっかけてくることがあるかもしれません。

この時は体のバイオリズムやその他のストレスで、彼女の気持ちがささくれている可能性があります。

まずは彼女が何に怒ってるのか、どうしてほしいのかをつかむところから始めましょう。理由がない場合は、彼女自身のストレスである可能性があります。

原因別のケンカの対処法

何かを直してほしい場合

彼女が自分の言動について、何か直してほしいと思っている場合です。彼女がそのことでどう困ってるか、自分がどこまで変えられるかを話し合って妥協点を見つけましょう。

例えば「言ったことをすぐ忘れる」と責められた場合、「自分も気をつけるけど、大事なことはメールでも送ってほしい」など、できることや対策を考えます。

価値観の違いで彼女に賛同できないなど、妥協できないこともあります。その場合は、そのことで彼女がどんな気持ちになるのかを聞いて、次の「気持ちをわかってほしい場合」に進みます。

気持ちをわかってほしい場合

上記の話し合い途中に「気持ちをわかってほしい」が出てくると思います。

例えば、嫉妬やかまってほしい気持ちが原因の時も「毎日連絡する」などの対策だけでは不十分。「連絡が来なくて寂しかった気持ち」も聞いてほしいはずです。

気持ちを受け取って、「毎日連絡が来ないと寂しくなるのはわかった。できるだけ毎日連絡するようにするけど、しない時は疲れてメール打ちながら寝てる時。忘れてるわけじゃないよ」など、対策と自分が相手を思う気持ちを伝えると完璧です。

人によってはまず気持ちを聞かないと冷静に話し合えない場合があります。その場合は先に「どんな気持ちになったか」を聞きましょう

本人もわからずむしゃくしゃしてる場合

「イライラしてるけど、何かあった?」と聞いてみたり、黙って背中をとんとんしたり、優しくしてあげてください。自分に余裕がなかったり、サンドバックにされそうな時は、日を改めるのも1つです。

「何かできることがあったらするけど、だめそうなら帰るね」などと伝えておくとよいでしょう。

気持ちを聞いたりイライラをなだめたりする時には、軽くスキンシップをとると安心することも多いです。

彼女とのケンカをこじらせないために

女性は感情で生きる生き物です。理屈で「言ってることが矛盾してる」「もっと整理して話して」などと迫ると、ケンカをこじらせたり、会話が成立しなくなり、解決が遠のきます。

「こういう気持ちを言いたいのかなあ」と察することが解決の近道です。

恋人とのケンカに悩む人へ

彼女もケンカをしかけるつもりではなく「一緒にいるならこうしてほしい」という期待がうまく表現できずにケンカになっている場合も多いと思います。あまり細かいことでなければ上手に交渉して解決しましょう。

ケンカ自体があまりにも多く、辟易してしまう場合は相手の期待値が高すぎる可能性もあります。自分の気持ちも我慢せずに上手に伝えていってくださいね。

(photo by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130318155913 5146bb4189e54

本記事は、2016年05月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る