\ フォローしてね /

飲み残したワインを最後まで美味しく飲みきる方法

ワインは、フルボトル1本で750mlです。普通のご家庭でこれを飲み切るには、ちょっと多すぎますよね。

飲みすぎは健康に良くありませんが、飲み残したワインが美味しくなくなって飲めなくなるのももったいないですよね。では、余ったワインをご家庭でどのようにうまく保存したら良いでしょうか。

ポイント1 残ったワインを入れる容器

ワインを美味しく保つには、酸化するのを防ぐのが大切です。開栓前のワインは、ビンの口いっぱいまで入っていますよね。

つまり、飲み残したワインも口までいっぱいになるくらいのビンにうつしかえるのが良いでしょう。ビンがないときは、ペットボトルを活用しましょう。

今はいろいろなサイズのペットボトルが売られています。飲み残した量によって入れ替えましょう。

ポイント2 容器の準備

ペットボトルの500mlと350mlなどいろいろなサイズを用意しましょう。ハーフサイズのワインボトルでスクリューキャップが付いている空きビンがあればきれいに洗って乾燥させて用意しておきます。

ペットボトルもワインの空き瓶も必ず洗って、乾燥させましょう。乾燥していないうちにワインを注いがないように注意しましょう。味が変わってしまったりして、口に合わなくなってしまう場合があります。

ワインを容器の口まで注ぎ、空気を入れないようにしてふたをします。2本にわけても良いので口までワインを満たせて酸化を防ぎましょう。

ポイント3 保存場所

容器は、台所などの冷暗所に置きましょう。好みにもよりますが、白ワインは冷暗所ではなく、冷蔵庫に入れても美味しいです。キリッと冷えて美味しく飲めます。

おわりに

飲み残したワインを、そのままコルク栓をして保存してしまっていたことがあるかもしれません。コルク栓をしっかりしたつもりでも中に空気があると簡単に酸化してしまいます。

一度に飲み切れないご家庭でも、ビンをうつしかえるだけでいつでもおいしいワインを楽しむ事が出来ます。せっかく買ったワインを、作ってくれた方にも感謝して最後まで美味しくいただきましょう。

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。