生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 分解しよう!掃除機のお勧めメンテナンス方法

分解しよう!掃除機のお勧めメンテナンス方法

2013年04月22日更新

 views

お気に入り

はじめに

道具はメンテナンスを怠ると能力が低下したり、壊れやすくなります。筆者の利用しているダイソンコードレスハンディ掃除機DC35のメンテナンス方法です。

掃除機のおすすめメンテナンス方法をお探しの方、ぜひご参考下さい。

お手入れの頻度、タイミング

毎日使用している掃除機ですが、メンテナンスの頻度は1ヶ月半に1回程度、ヘッドのブラシ部分は3ヶ月に1回程度です。

お手入れに必要な道具

  • ウエットティッシュ
  • プラスドライバー
  • 500円玉硬貨

お手入れの具体的な手順(作業時間20分)

STEP1.バッテリーを外す

作業前にバッテリーを取り外します。

STEP2.フィルターを外す

バスケット部分とモーター部分を分離しフィルターを取り外します。

STEP3.バスケット部分の清掃

かごと透明カバーに分解し詰まったホコリを振って取り除きます。

バスケット部分の透明カバーにも内部にホコリが付着していますので、ウエットティッシュで拭き取ります。

STEP4.組立

もとの状態に組立てて本体のメンテナンスは完了です。

STEP5.ヘッドブラシの分解

ヘッドブラシをドライバーと500円玉効果で分解してブラシを取り外します。

STEP6.ブラシの清掃

ブラシ部分に絡み付いた髪の毛や綿埃を取り除きます。

STEP6.完成

元の状態に戻して完成です。

その他、掃除機のお手入れで注意すること

フィルターは水洗い可能です。しかし、洗った後はしっかり乾かしてから装着しましょう。内部に水分が混入すると故障の原因になります。

バッテリーを装着したままで作業するといつスイッチが入ってしまうかわかりません。
内部には回転部分もあり巻き込まれると危険なので、必ずバッテリーを外して作業しましょう。

おわりに

フィルターの掃除やバスケットの掃除を定期的に行なうとでゴミの吸取り能力を一定に保つ事ができます。部屋の汚れ具合や使用頻度にもよりますが、最低でも2ヶ月に1度程度は掃除をしたほうがよさそうです。

(photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130316121228 5143e31c8df80
  • 20130317175535 514585078313c
  • 20130317180107 5145865378601
  • 20130317180543 5145876700796
  • 20130317181848 51458a787e374
  • 20130317181124 514588bcd523d
  • 20130318191655 5146e99767ac9
  • 20130318191718 5146e9ae5376d
  • 20130317182541 51458c1547def
  • 20130316121228 5143e31c8df80

本記事は、2013年04月22日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る