生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 男性目線で考える!彼氏が喜ぶLINEの話題や内容とは

男性目線で考える!彼氏が喜ぶLINEの話題や内容とは

2016年05月27日更新

 views

お気に入り

はじめに

お付き合いしている彼氏とのメール。男性の性格によって、あるいは2人の関係性によっても、彼氏が喜ぶメールの内容は変わってくると思います。

とは言え、ここでは著者(男性)の経験や周囲の男性を観察した結果も踏まえ、一般的に彼氏が喜ぶメール、嫌がるメールの内容をご紹介します。

そもそも、男性はメールをどう考えているのか

ケースバイケースなので、男性全員が必ずそうだとは言い切れませんが、傾向として男性は「メールが嫌い」です。あるいは、メールを連絡手段の1つと捉えていることが多くあります。

そのため、雑談のメールや、今日何をしていたか、といったメールをやり取りすることをあまり好まない傾向にある、ということは頭に入れておいても良いでしょう。

彼氏が喜ぶメール

さて、それでは彼氏が喜ぶメール、嫌がるメールの一例をご紹介していきます。まずは、彼氏が喜ぶメールから。

自分の「今日はこんなことをしていた」という報告メール

あなたから彼氏への、今日1日の出来事を知らせるメールは、比較的喜ばれます。ポイントは、楽しかったこと、嬉しかったことを書くこと。「今日、こんな楽しい事があった」というメールが彼女から届いたら、彼氏は悪い気はしません。

もちろん、男友達と出かけて楽しかった、といった内容は避けた方がベターです。

愚痴や悪口は、送られた方も嫌な気持ちになってしまいますので、出来るだけ避けましょう。

次のデートの提案や相談

あなたが次にデートで行きたい場所や、一緒にしたいことなどをメールで知らせたり、相談するのは良いでしょう。

あなたが彼氏とのデートを楽しみにしているということを知らせることになりますから、これも悪い気はしません。

彼氏が忙しいときなどに、あまりしつこく日程を決めようとするのはNGです。

彼氏への質問や相談

彼氏の得意分野や、仕事に関連することで、何か聞きたいことや相談したいことなどをメールで聞くというのも良いでしょう。

男性は、基本的に女性から頼られたり、感心されたい生き物ですから、そういう見栄をくすぐってあげるのはポイント高いです。

彼氏が嫌がるメール

続いて、彼氏が嫌がるメールを考えてみます。

彼氏の行動を聞き出すようなメール

「今日は何をしていたのか」、「どこに行っていたか」など、彼氏の行動を細々と聞き出すようなメールはNGです。

あなたにその気がなくても、彼氏は「束縛されている」「浮気を疑われている」と思って、嫌になります。

彼氏の興味がない話を延々と書くメール

付き合っていても、興味のない話題だからと言って「それ、興味ない」と言える人は少ないと思います。彼氏が興味のなさそうな話題は、出来るだけ避けた方が無難です。

適当に相槌を打っていても、「早く終わらないかな」と思っていることがほとんどです。

彼氏の知らない人の話題を書いたメール

自分の友達の誰それがどうしたこうした…という話題は、面白いのでつい書きたくなると思いますが、彼氏がその人のことを知らない場合はNGです。

知らない人の話をメールで読まされるのは、よほど面白い話でない限り、正直苦痛です。

彼氏とのメール、ここに注意!

「即レス」を求めすぎない

男性は、メールが嫌いだったり、人と一緒にいる時には携帯を取り出してメールを送るのを嫌がる傾向にあります。

例えば、男友達と飲んでいる最中に、彼女へのメールは返しにくいものです。ですから、返事が遅いのはガマンしてあげてください。

返事がそっけなくても、怒らない

あなたが長文メールを送ったのに、彼氏からは簡単な数行のメールしか返ってこない…ということも良くあるケースです。

これは、別に彼氏が面倒くさがっているわけではなく、単にメールで長文を書くのが苦手だったりするケースもあります。

男性はメールを連絡手段として捉える傾向が強いので、仕方がないと諦めてください。

彼氏とのメールに悩みを抱く皆さんへアドバイス

色々と書いてきましたが、男性は基本的に接点の多い女性に好意を持つ傾向が極めて強い生き物です。ですから、彼氏とも積極的にメールのやり取りをするのがオススメです。

ただし、上のパラグラフで紹介した「即レスを求めない」「返信がそっけなくても怒らない」に加えて、「時々メールが返ってこなくても、深く考えすぎない」という3つのことは頭に入れておきましょう。

たまに、メールの返信を素で忘れることがあるのが男性の特徴です。彼氏といい関係が続くことを祈っています。

(photo by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130317001722 51448d027c296

本記事は、2016年05月27日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る