生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 欲しいものをあげるだけじゃダメ!子供に贈るギフトのポイント

欲しいものをあげるだけじゃダメ!子供に贈るギフトのポイント

2013年03月18日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

自分の子供に対するギフトの選択は、なかなかに難しいものです。子供が欲しいものをポンポンあげるのは甘やかし過ぎですし、かといって子供が臨んでいないものを親のエゴであげるのもよくありません。

あげるもの

著者の場合は5歳の娘に何かの機会の度に絵本をあげることにしています。ちなみに最近では「はらぺこあおむし」という絵本をあげました。この本は著者が子供の時に親からもらった思い出の絵本でもあります。

贈り物のこだわりポイント

1: 子供の興味がある

やはりせっかく贈るのでしたら、子供が興味を持っているものがいいでしょう。

著者の娘の場合は色彩が鮮やかなものやかわいらしい絵に興味を強く抱いていましたので、絵本が最適な選択なのではと思いました。

2: 値段が手軽

絵本は高くても二千円はしないと思うので、懐が痛みません。

3: 学習になる

子供が喜んでくれるかが一番大切なのですが、子供が喜んでくれてしかも学習にもつながれば親として万々歳です。

絵本を読み聞かせたりする。もしくは、子供自ら読むことは語学力や論理的思考を身につける足がかりになります。

子供の反応

娘は絵本をあげる度にとても喜んでくれます。最近では包装された平べったいものつまりは絵本状のものを著者が持って帰ってくるとキラキラとした目ですり寄ってきます。

注意点

ギフトを選ぶ際の注意点としては、あまりに高いものは避けたほうがよいということです。高価なものを次から次へと与える行為は、子供の金銭感覚を壊しかねません。

おわりに

子供の時に親からもらうものは、その後の人格形成に大きく影響します。

(Photo by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130318102800 51466da068478

本記事は、2013年03月18日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る