\ フォローしてね /

簡単!古くなった下着の捨て方

肌に直接身に付ける下着は、普段着よりも捨てるのをためらってしまいませんか?しかしながら着られなくなる時期は確かに来ますし、新しいものを購入すれば、自然と古いものを処分しなければ収納場所にも困ってしまいます。

下着を捨てるタイミングは?

著者は生地の傷みが目立つようになってきたら、新しいものへの換え時だと思っています。素材によって傷み方はそれぞれですが、ほつれたり、穴が開いてしまったり、毛玉がとれなくなったりした時を目安にしています。

また、気に入ったものが見つかり、新しいものを先に購入した時にも、その時点で一番古いものを思い切って処分することにしています。

用意するもの

  • ハサミ
  • 下着を包めるサイズの新聞紙や紙袋
  • ガムテープ

下着を処分する方法

STEP1 ハサミで生地を裁断する

パンツは元の形が分からないようにハサミをいれて裁断します。

ブラジャーは金具が入っている場合がありますので、アンダーの部分のワイヤーや背中の留め金の部分を取り除き、パンツと同様にハサミをいれて裁断します。

残った金属の処分方法は、お住まいの地域、自治体のゴミ分別方法に則って処分してください。

STEP2 新聞紙でくるむ

女性の場合は特にデリケートなゴミですから、一応人目に触れないように捨てるために、新聞紙でくるんでしまいます。

STEP3 ガムテープで口を閉じる

新聞紙でくるんだだけでは途中で開いて生地がちらばってしまうことも考えられます。ガムテープでしっかりと口を閉じ、途中で開かないようにしましょう。

STEP4 燃えるゴミに出す

通常の燃えるゴミと一緒にゴミ袋にまとめて捨てます。

例として女性用下着の絵を挿入しましたが、男性用の下着でも全く同じ方法で処分することができます。

おわりに

分別としては燃えるゴミに相当しますが、ただ捨てれば良いという訳ではないのが下着です。デリケートなものですから、捨て方にも悩んでしまうこともあるかもしれません。

一手間は確かにかかりますが、そう難しいことではありません。古いものは思い切って処分してしまいましょう。

(photo by amanaimages) 
(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。