生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. いつかは故障するかも!エアコン故障時の対処方法

いつかは故障するかも!エアコン故障時の対処方法

2013年11月02日更新

 views

お気に入り

はじめに

エアコンが作動しなくて困ったことがかつてありました。

ここでは筆者のそのときの状況と対処方法について紹介します。

作動しなくなった時の状況

エアコンが作動しなくなったのは原稿執筆時点から2年ほど前の11月の暮れのことでした。

朝いつもどおり暖房を入れようとしたらエアコンについているランプがいつもとは違うことに気が付きました。そのまま電源を入れてみますが、最初冷たい風が出てくるものの、あとはその風すら出てこなくなり作動しないまま。

仕方ないので説明書を見てエアコン本体のリセットボタンを押して再起動を2-3回試みて同じ作業をするも同じような状況でエアコンは故障したままでした。

説明書を見てやれるだけの作業はやったのですが、結局どうにもならず、電話でアフターサービス屋さんに電話して修理を依頼することにしました。

修理屋さんに依頼するまでの手順

STEP1:リモコンの確認をする

念のために電池切れしていないか確認します。

STEP2:エアコン本体のランプを確認する

エアコン本体のランプを確認していつもと違う色のランプが点灯していたりなどしていたら取扱説明書を見てその手順に従って対応をします。

STEP3:リセット運転をしてみる

念のためにエアコン本体に設置されているリセットボタンを押して何度か再起動を試みます。

修理屋に依頼と故障原因

修理を依頼

しかしすべて考えられることは試しましたが、改善の兆候がなかったので、取扱説明書に書いている連絡先に電話を入れて修理屋さんを依頼することにしました。

電話をして依頼しましたが、人員が足りないようで、サービスマンがやってくるのに3日もかかってしまいました。

故障原因

調べた結果、故障原因は室外機ユニットの部品故障であることが判明し、新しい部品の交換を余儀なくされました。

しかしそのときはその部品がなかったのでさらに取り寄せて修理するまでにさらに3日かかりました。

費用と時間

故障が発生してから修理が完了するまでに6日かかりました。

修繕費用はサービスマンの取り計らいで半額にしてもらったものの、35000円かかりました。

予防策・注意点

予防策

故障中のときは寒い思いを余儀なくされましたが、期間中の予防策としては、いつも以上に厚着など防寒対策をしたこと、隣の部屋からのエアコンの風を送り込んだこと、休眠中の電気ストーブを復活させてなんとかしのぎました。

そして早めに用事を片付けて用事がないときにはその部屋から早々と退散しました。

注意点

注意点としては部品故障なのでどうしようもありませんが、慌てず落ち着いて故障か否かの判断をすること、エアコンの取扱説明書は廃棄しないで常に保管しておくことが求められるかと思います。

おわりに

エアコンの故障は現実に発生しました。

なのでどこのエアコンも故障はあり得るという前提条件で、万が一故障しても生活に支障をできるだけきたさないように、予備の暖房を確保しておくとか、生活スタイルの工夫をしておいたほうが良いです。

(photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130310125812 513c04d4c32e9

本記事は、2013年11月02日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る