生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 子供が喜び、大切にできる!プレゼント選びのこだわりポイント

子供が喜び、大切にできる!プレゼント選びのこだわりポイント

2013年03月16日作成

 views

誕生日やクリスマス、何かを頑張ったときのご褒美など、子供にプレゼントを贈る機会はたくさんありますよね。

ですが、子供のためになるもの・・・なんて考えると、何をプレゼントすればよいのか分からなくなってしまったりするものです。

そんな、簡単なようで難しい、自分の子供に贈るプレゼント選びの際、著者がこだわっているポイントを紹介したいと思います。

目次

子供に贈るプレゼント選びのこだわりポイント

その1:キャラクターで選ぶ

子供が好きなものといえば、キャラクターですよね。著者には男の子も女の子もいるので、どちらの趣味もある程度理解しています。

ですが、キャラクター選びには気をつけなければならないポイントがあります。それは、「息の長いキャラクターであること」です。例えば、プリキュアのシリーズや戦隊もののシリーズは、1年でころころ変わってしまいます。

せっかく購入しても、飽き性な子供は、新しいシリーズが始まれば新しいものを欲しがり、以前のシリーズのものには見向きもしなくなったりするのです。

また、アンパンマンやトーマスなども、小さな子供は喜びますが、3歳くらいを機に、見向きもしなくなってしまいます。年齢によって、キャラクターの好みは変わっていくものです。

そこで、著者がいつも選ぶキャラクターは、女の子ならサンリオディズニーのキャラクター、男の子ならトミカポケモンにしています。どれも、年齢や流行があまり関係なく、長く使いやすいキャラクターです。

大切に長く使ってもらいたいプレゼントなら、流行り廃りのないキャラクターを選びましょう。

その2:素材で選ぶ

子供に贈るギフトで、おもちゃを贈る場合には、素材選びに気をつけます。著者は3人の子供を育てた経験から、子供というのは、物を投げたり落としたりするのが大好きだということを知っています。

そういう子供に、プラスチック製のおもちゃを贈ると、あっという間に壊されてしまったりするのです。プラスチックは衝撃を受けると割れやすいのです。

そこで、長く使ってもらいたいプレゼントのおもちゃには、木製布製のものを選ぶように心がけています。

木や布なら、投げたり落としたりしても壊れることはありませんし、見た目にも温もりがあり、親の愛情が伝わる気がします。

その3:片付けやすいものを選ぶ

子供に贈るプレゼントは、洋服でもおもちゃでも筆記用具でも、とにかく「片付けやすい」ものを選ぶようにしています。洋服ならたたみやすいもの、おもちゃや筆記用具なら収納できる箱などが付いたものを選ぶのです。

これは、子供が散らかすのを防ぐため、という目的だけではなく、子供に片付ける習慣を楽しみながら身に着けてもらいたいからです。

例えば、型にはめればすっきりと片付くスタンプセットをプレゼントしたら、子供は使ったあと、パズル感覚で楽しみながら片付けをしてくれるようになります。

大人でも収納に困るようなプレゼントは贈らないようにしています。

実際に子供にプレゼントを贈ったときの反応

娘の場合

著者が娘のクリスマスプレゼントに、ジュエルペットのスタンプセットをプレゼントすると、娘は大喜びしてくれました。

ジュエルペットはサンリオの息の長いキャラクターなので、それから約2年たちますが、とても大切に使ってくれています。使った後は付属のBOXにきちんと収納して、決まった場所に片付ける習慣もしっかり身についています。

息子の場合

また、息子に木製の積み木を誕生日にプレゼントしたときには、息子は感激して、しばらく熱中して遊んでくれました。

箱の内部に、積み木の置き場所が決まっていて、置くべき形の絵が描いてあるので、片付けもパズル感覚で楽しんでいます。

子供に贈るプレゼント選びでの注意点

子供が欲しいと思っているものと、大人が子供に贈りたいものには、少し差があります。

子供は、テレビで見たキャラクターが使っているものやお友達との間で流行しているものなんかを欲しがりますが、大人は、知育に役立つものとか、何か意味のあるものを与えたいと思ってしまうものです。

ですが、一番大事なのは、贈った子供が心から喜んでくれることです。

子供が欲しがるものに納得がいかない場合でも、せめてキャラクターは子供に選ばせてあげるなど、少しは希望に沿ったプレゼントを選ぶようにしましょう。

親の希望を押し付けられても、子供が気に入らなければ意味がありません。

おわりに

最近は物が溢れ返っているので、「物を大切にする」という心が育ちにくくなりましたよね。そんな時代だからこそ、長く、大切に使えるようなプレゼント選びをして、「物を大切にできる子供」を育てましょう。

自分がプレゼントしたものを、長く大切に使ってもらえると、とても嬉しいものですよ。

(photo by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130315210446 51430e5e2c31a

本記事は、2013年03月16日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る