生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 折り紙でギフトボックスを折る方法

折り紙でギフトボックスを折る方法

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

はじめに

著者が小学生の頃学校で流行っていた、折り紙でギフトボックスを折る方法をご紹介します。

折り紙歴

  • 動機:折り紙そのものもキレイなのと、1枚で色んなものができるからです。
  • 時期:幼稚園に入る前からです。
  • 参考:母に教わったり、本を参考にしたりしています。
  • 頻度:親戚の小さい子どもと遊ぶときなどです。
  • タイミング:ひな祭りや端午の節句などの、季節の行事の時が多いです。

よく折る折り紙

母から教わった伝統的な折り紙や、自分で考えたオリジナルの折り紙です。

用意する材料・道具類

  • 折り紙2枚
  • 定規・ハサミ

約15cm角の折り紙で、約5cm角のギフトボックスができます。

折り方

STEP1:2枚のうち1枚の折り紙を切る

フタでない方の折り紙の2辺を約1~2mm切って、フタにする折り紙より少し小さい折り紙を作ります。

折り方は、フタにする方もフタにしない方も同じ折り方です。

STEP2:折り目をつける

折り紙を半分に折り、一度開いて反対も半分に折り、上記の写真のように折り目をつけます。

STEP3:四隅を谷折りする

つけた折り目をガイドにして、書く頂点が中心で合うように谷折りします。

STEP4:折り目をつける

上下を中央で合うように谷折りし、開いて折り目をつけます。同様に左右も中央で合うように谷折りして、開いて折り目をつけます。

STEP5:4ヶ所切る

赤い線をひいてある部分をハサミで切ります。

STEP6:広げる

切り口にそって上下2ヶ所を一度広げます。

STEP7:横を折り曲げる

横部分を箱の形に整えます。

STEP8:箱の形を作る

上下に広げていた部分をもどします。

完成!

もう1枚はSTEP2から作ってください。同じように折ってかぶせたら完成です。小物サイズの箱ができました。

上手に折るコツ

全ての折り目をきっちりつけるとキレイな箱の形ができます。

おわりに

著者が小学生の頃は、折り紙をどんどん小さくしていくことで、箱をどんどん小さくしていき、開けても開けても箱が出てくるように作って楽しんでいました。

(photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130316091418 5143b95a1bcdf
  • 20130316092325 5143bb7d3573b
  • 20130316092227 5143bb438f869
  • 20130316092254 5143bb5e3477a
  • 20130316092645 5143bc45b735f
  • 20130316093034 5143bd2a3ba94
  • 20130316093319 5143bdcf514a5
  • 20130316093300 5143bdbc78544
  • 20130316093545 5143be61ac0e8
  • 20130316093648 5143bea0c4465
  • 20130316093855 5143bf1f903d2
  • 20130316094134 5143bfbe6c56a
  • 20130316094154 5143bfd266009
  • 20130316094216 5143bfe83eac0
  • 20130316094238 5143bffe4a695
  • 20130316094314 5143c0223e724
  • 20130316094337 5143c039d8173

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る