生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7. これで大丈夫!飲み会で一人ぼっちになった時の上手い対処法

これで大丈夫!飲み会で一人ぼっちになった時の上手い対処法

2013年03月16日作成

 views

合コンや、職場の飲み会、初対面の人との飲み会で、一人ぼっちになってしまった時、なんだかぽつーんと、寂しい思いをした事はありませんか?

そんな時に使えるコツをまとめました。

著者が参加した飲み会について

飲み会について

  • 時期:忘年会、新年会の冬場
  • お店・席:個室居酒屋
  • 参加者:職場のメンバー20~30名
  • 飲み会の主旨:会社の忘年会、新年会。あまり顔を合わせない人も来る。

著者の性格

仲のいい人とは話題が弾むが、性格が違い過ぎる人とは、話題に困ってしまうタイプ。

飲み会で一人ぼっちになった時の上手い対処法

まず一人ぼっちにならないように気をつける方法

  • ポイント1:席の選び方

よく話す人、仲の良い人の隣もしくは近くをキープします。また、1番下座にキープし、幹事並に働けるポジションにいるとよいでしょう。

  • ポイント2:話題の振り方

上司の場合、ほめ殺しをして普段口に出来ない感謝を言ってみましょう。上司のありがたい武勇伝を皆に話して盛り上げます。同僚、後輩の場合は笑える失敗談など、お互い心が溶けやすい話題を心がけましょう!

  • ポイント3:表情のつくり方

ムスっと、つまらなそうな顔をしていたらNGです。出来るだけ笑顔を振りまき、話している人と目線を合わせましょう。

  • ポイント4:行動の取り方

幹事並に、飲み物や食べ物のオーダーを聞いて回ったり、取り分けたり、空のお皿を回収したり、テキパキ動きましょう。

大人数の場合、「次、何飲みます?」「お取りしましょうか?」と、それぞれの方に気を配り、話しかけていたら、一人ぼっちになる事は、あまりないと思います。

大勢での話題や、話している人の目を見て、大袈裟にうなづきましょう。とりあえず、「そうなんですか?」「わかります」「それで、どうなったんですか?」など言えば、よく話す人の場合、永遠と話しているはずです。

一人になってからグループの話題に乗っかる方法

一人になってしまったけど、グループの話題に入りたい時もありますよね?そんな時は、思いきって以下のように混じっていきましょう。

  • 「何の話ですか?」と入っていく。
  • 話している人の名前を入れて「◯◯さんのお話興味あります。私も聞いていいですか?」と言ってみる。
  • 「さっきから、すっごい気になる話してますね」と話かける。
  • トイレから、帰ってきたフリをして、サラッとそのグループに混じる。
「なんか楽しそうですね!ちょっと入れてください」と言えば、席なども少し詰めて混ぜてくれますよ。笑顔でぜひ試してみてください!

一人になってから他のヒマそうな人に話しかけるコツ

それでも、もし、一人ぼっちになってしまったら、一人になってから他のヒマそうな人に話しかけてみましょう!

著者の場合、「何を飲んでるんですか?」と飲み物の種類をたずねて、ソフトドリンクなら、「お酒弱い方ですか?」とか、「お酒なら、結構飲むんですか?」とか、お酒の話題からスタートしています。

また、トイレに立った人や、タバコに立った人に付いて行って一緒に帰って来て、そのまま一緒に飲むとよいでしょう。

思い切って「一人」を楽しむ方法

自分から行動出来ないし、もう一人ぼっちでもいいか、と思ったら、ワイワイ飲んでいる人達を客観的に観察してみても面白いかもしれません。

お酒が入っても変わらない人や、やたら調子に乗る人、元気がなくなる人、面白い人、おそらく普段と変わるので人間観察はオススメです。

そんな中、お酒でグッタリしてる人にさりげなく水など差し出せば、あなたの株も上がるかもですよ?

すべての場合で、上手くいくとは限りませんが、ぜひ試してみてくださいね。

おわりに

著者は、飲み会で、一人になった時は、出来るだけ一人になっている人に話しかけるようにしています。

話題がどうしても続かず辛くなったら、トイレに行って、戻ってきた時に、別の席に紛れてしまうパターンが多いかもしれません。一人ぼっちにならないために必要なのは、声をかける少しの勇気です。頑張ってください!

(photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130314095215 51411f3f44fba

本記事は、2013年03月16日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る