生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 子どももOK!道具不要な笑える罰ゲーム5選

子どももOK!道具不要な笑える罰ゲーム5選

2010年11月11日作成

 views

みんなで集まってゲームをしているときなどに盛り上がるのは最後に待っている罰ゲームですよね。

でも罰ゲームといっても、罰を受ける本人も周りも楽しくないとせっかくの場の空気も盛り下がってしまいますよね。

道具が不要で大人でも子どもでも男の子も女の子でも楽しめる罰ゲームを紹介します。

目次

その1:尻文字

メンバーの方へ背中を向けて書きましょう。書く文字はひらがなだと、みんなにわかりやすいし動きも面白いですよね。

お題は自分の名前が一番、手っ取り早いかもしれませんね。そしてお約束としてはおおげさに文字を書くことを忘れずに。

その2:空気椅子

ゲームの内容にもよりますが、次の自分のターンまでひたすら空気椅子をしてもらいましょう。結構しんどいので必ず時間制限を設けて行いましょう。

これは足腰に不安のある方はNGです。

その3:握手をしながら

メンバー全員と握手をして相手の目を見ながら、その人の良いところを一つずつ言いましょう。

少し気恥ずかしい感じが面白いですし、褒められるとなると言われた方も悪い気はしませんよね。

お題を良いところだけでなく、かわいいところやカッコイイところなど色々とかえて言うのも面白いですね。

その4:見つめられる

メンバー全員に無言で30秒ほど、じーっと見つめてもらいましょう。

その際、絶対に罰を受ける人は目を閉じてはいけないとか、逆に眼を閉じてもらっておくもの見つめられる側の緊張感が増して面白いかもしれませんね。

その5:言わせちゃう

罰を受ける人が、周りのメンバーが思っているであろう自分の○○なとこを3つ言う。

例えば、メンバーが思っているであろう自分の可愛いところなど。ナルシストな部分など意外な一面が見えてくるかも知れませんよ。

おわりに

罰ゲームは罰という言葉が付いているので少し怖いイメージになりますが、受ける側も見守る側も盛り上がったり笑えないと罰ゲームにはなりませんよね。

身体的、精神的に受ける人を傷つける罰ゲームではなく笑って終われるものであったり、子どもなら自らやりたがるくらいの罰ゲームの方が楽しめますね。

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • B5a9d06e 7bc8 4cfb 8b76 a73dc341e620

本記事は、2010年11月11日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る