生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon moneyマネー

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7. 返還義務が発生!?生活保護受給中のトラブルとその対処法

返還義務が発生!?生活保護受給中のトラブルとその対処法

2016年05月12日更新

 views

お気に入り

始めに

この記事を読まれている方の中には、「生活保護」を受給されている方もいらっしゃると思います。

今回は我が家が生活保護を今も受給中ですが、その際に遭遇したトラブル、そしてそのトラブルとどう向き合ったのかを紹介していきたいと思います。

遭遇したトラブル

生活保護を受けるようになるまで

昨年、著者が精神疾患を抱えて職場を退職せざるを得なくなりました。著者が家族の生活費のほとんどを支えていたので、やむなく生活保護のお世話になる事になりました。

弟の怪我

弟は以前の職場で機械の刃で右手の指を3本切断しました。

その後弟の労災一時金が支給されると言う通知の葉書が来て、それを福祉課の方に相談したところ、「生活保護法の63条に基づいて、そのお金は全額返還してもらうことになります。」と説明されました。

労災を受け取ると「資力があるにも関わらず保護を受けた」と判断されるためです。

トラブル解決法

労災の返還

その後、家族は法に基づいて、弟の労災一時金を全額返還して、一応はその件については決着がつきました。

ですが、私達家族は本当に悔しかったです。

本来、弟が受けられるべきだった補償も、弟がその事で受けた「心の傷」のケアすら、以前の職場はしてはくれませんでした。もう弟の手は元に戻らないのに関わらずです。

ですが、家族で話し合った結果、「汚い事をしてまで、お金を余計にもってしまったら、それこそ他の受給している人に申し訳ない。こんな事で、挫けない様にしよう。」と家族で話し合い、この悔しかった出来事と向き合う事が出来ました。

具体的な手順

労災の一時金支払い通知書の葉書を提出して、銀行の通帳と印鑑を福祉課の担当の方に渡して、労災の一時金は返済となりました。

その後

弟の再出発

それからその事は、家族の中で水に流して、これからこの生活保護から抜け出す為にも、頑張ろうと家族で話し合いました。

その結果、弟は新しい職場が決まり、今は生活保護と弟の収入で生活しています。

もうじき安定して、弟が正社員になったらようやく生活保護から抜け出せる。そういう時期が差し掛かってきています。

著者の再出発

その後、私の私は自分の労災認定の書類が揃っていたのですが、一切を捨てました。あの1件があってから、ずっと提出する事を悩み続けていたのですが、もうそんな事には頼らないと決めて、揃っていた書類を一切捨てました。

その方が、もっと前を向いて自分の病気の治療に専念できるし、何より早く自分の精神疾患が寛解して(精神疾患や他の疾病に関して、常に安定した状態を指します。)社会復帰したい気持ちが少しずつ沸いて来ているので、何より今は自分の病気の治療に専念する事だけを、目指して頑張っています。

皆さんももし生活保護の申請をする際には、今一度、自分の周囲の社会保障をどのくらい受ける事が出来るのか、行政書士事務所や、法律関係の機関に相談された方が良いと思います。

苦労した事

2~3ヶ月程に必ず1回は、福祉課の担当の方が家に訪問し、家族の生活状態を見に来ます。

著者の家では喫煙者が多いため、タバコをカートンで買っています。そのことが担当者の方の心象を悪くし受給に影響が出るのではないかといつもハラハラしていました。

担当の方も喫煙者だったためか、事なきを得ました。

最後に

我が家は今でも生活保護を受給中です。ですが皆さん、「夜明け前が一番暗い」この言葉を思い出してみてください。

その夜明けは、いつか必ず訪れます。

我が家ももう少ししたら、生活保護の生活保護の状態から、抜け出す事が出来そうです。

皆さんも「明けない夜はない。」と信じて、受給中の方もこの記事がこれからの皆さんの社会保障に関しての参考になれれば著者としても幸いです。

(photo by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130314173923 51418cbb22931

本記事は、2016年05月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る