生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7. 職場の飲み会を「当日」に上手く断る方法

職場の飲み会を「当日」に上手く断る方法

2016年05月12日更新

 views

お気に入り

はじめに

職場の飲み会って、仕事が終わっても職場の上司や同僚と一緒にいなくてはいけないのが辛かったりしますよね。いつもは難しいけれど、時には断りたい時もあるもの。ここでは、職場での飲み会を「当日」にうまく断る方法について書いてみたいと思います。

著者が誘われた飲み会

詳細

  • 時期: 2011年2月
  • お店・席:居酒屋の半個室
  • 参加者:同じ部署で働いている15名ほど
  • 会費:一人当たり4000円
  • 飲み会の主旨:退職する同僚の送別会

当日断った理由

職場の同僚と仕事外の時間まで一緒にいるのが苦痛だったからです。

「当日」にうまく断る方法

行けないことを伝えたタイミング

飲み会当日の朝、会社に行ってすぐに幹事である同僚に伝えました。

伝えるときの文面・セリフ

「今日の送別会なんですけど、主人が急に熱を出して会社を休んだので、看病のために欠席させてもらいます。本当に急ですみません。」と伝えました。

「行けない理由」を説明するときのポイント

自分の体調不良を理由にするのも良いと思いますが、実際に自分は仕事に出勤しているのですから、この場合は家族の体調不良を理由にすると良いでしょう。病気や体調不良だとお互い様ですから「しかたないね。」と思ってもらいやすいです。

著者は夫婦二人暮らしなので家族といえば夫しかいないのですが、子どもさんがいらっしゃる場合であれば、こどもの熱や体調不良などを理由にすると、あっさりと「それは仕方がないね。」と言ってもらえる場合が多いと思います。

会費について

当日の朝、幹事に伝えると、幹事がすぐ居酒屋に連絡を取って最終参加人数を伝えたので会費はかかりませんでした。

おわりに

著者は職場の飲み会はあまり好きではありませんが、毎回キャンセルはしないようにしています。ほとんどの場合は出席していますが、「今回だけはどうしても行きたくない、無理!」という時だけキャンセルしています。

周りの人に「あの人、いつもドタキャンだよね。」と言われないように、普段行ける時はできるだけ飲み会に参加するようにしましょう。

(photo by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130315210602 51430eaa616c4

本記事は、2016年05月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る