生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon cook料理

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 漂白かんぴょうの下ごしらえ方法

漂白かんぴょうの下ごしらえ方法

2013年03月15日作成

 views

かんぴょうには、無漂白のものと漂白したものの二種類があり、下ごしらえに少し違いがあります。

ここでは、巾着などを巻く時に漂白かんぴょうを使う際の下ごしらえの方法をご紹介します。

料理をしている方はこちらの記事もよくご覧になっています。
料理初心者のためのブロッコリーのゆで方

目次

漂白かんぴょうとは

原材料に、二酸化硫黄(保存料)とあるのが、漂白かんぴょうで、乾燥した後、二酸化硫黄で燻してあります。

防虫、防カビ作用があるので、保存がきくという利点と、切れにくいので使い勝手が良いという効果もあります。

準備するもの

  • ボウル
  • 塩:小さじ1

漂白かんぴょうの下ごしらえ方法

STEP1:水洗いをする

かんぴょうをボウルにあけ、5分ほど水に浸した後、さっと水洗いします。

STEP2:塩もみする

水を流し、全体に塩をふりかけ、弾力が出るまで手でもんでいきます。

STEP3:塩を洗い流す

塩をよく洗い流し、水をきります。

二酸化硫黄は水に完全に溶けるので、塩揉みしよく洗い流すことが大切です。

STEP4:茹でる

たっぷりのお湯で15分茹でます。

STEP5:下ごしらえ出来上がり

ざるにとって、下ごしらえのできあがりです。

おわりに

かんぴょうは冷凍保存ができますので、一度に下ごしらえをして、使わない分は冷凍しておけば便利です。

(Photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130315152708 5142bf3c5a329
  • 20130315152856 5142bfa8247ec
  • 20130315154816 5142c4306b05f
  • 20130315153054 5142c01e9b329
  • 20130315153155 5142c05b9d346
  • 20130315153740 5142c1b489138
  • 20130315154043 5142c26b729dc
  • 20130315152708 5142bf3c5a329

本記事は、2013年03月15日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る