生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 費用要らず!クリスマスパーティでやると盛り上がるゲーム特集

費用要らず!クリスマスパーティでやると盛り上がるゲーム特集

2009年12月04日作成

 views

12月になると、街は一気にクリスマスムード一色に。親しい仲間と過ごすならホームパーティがお勧めです!

そんなホームパーティにやると盛り上がるゲームをご紹介したいと思います。

目次

単語探しゲーム

2分以内で単語をいくつ言えるか競い、たくさん言えたチームが勝ちとなります。

用意するもの

  • タイマー
  • ペン

手順

  • 1:チームを分けます。チームの人数は何人でもOK。少人数にして、多くのチームで対戦しても楽しいですよ。
  • 2:お題を出し、それに対する言葉を制限時間内にできるだけ多く挙げて、書いていきます。より多く言えたチームが勝ちです。

例えばお題がクリスマスの場合、サンタクロース、クリスマスツリー、イルミネーション、七面鳥など、単語を出来る限り多く言います。重複したり、関係ない場合はノーカウントにしましょう。

クイズなんでもベスト10!

何のベスト10かを当てていくクイズです。

用意するもの

事前調査が必要になります。

手順

  • 1:司会の方はあるアンケートの結果を5位(10位からでもOK)から発表していきます。
  • 2:参加者にはそれが何のアンケートなのか予想してもらいます。分かった時点で挙手して答えてもらいます。
  • 3:正解者が出たら次ぎの問題へ。

順位発表の途中で正解が出たら、1位まで発表して、アンケート結果自体を全員で楽しみましょう。

ゲームのポイント

このゲームが面白くなるポイントはアンケート内容。凝れば凝るほど盛り上がります。仲間内、内輪ネタなどを交えて、面白いアンケート結果をとるのが幹事の腕の見せ所です。

会社なら「社内で一番仕事をがんばっていると思う人」「一番頼りになる上司」「一番期待のルーキー」などよいかもしれませんね。

よりくだけた問題であれば「社内で一番もてそうな人」「結婚したい人」「ベストファーザー賞」なんか面白いかも知れませんよ。

また、発表の仕方に凝ると、一段と面白くなります。例えば、高校時代の仲間が集まった場合は、卒業アルバムにあったアンケートを再び使用したりするのも面白いです。

また、子供参加型のパーティなら、その年齢に合わせたアンケートを子どもたちからとっておくのもよいでしょう。

例えば、小さな子どもたちなら「ままごとするなら何の役が一番いい?」と聞いて、1位から順位をつけて、そのアンケートの結果を見ながら親たちが何のベスト10なのか言い当てるといった感じです。

子ども達の意外な本心が聞けて、親子共々楽しめますよ。

今年の5大出来事!

なんでもベスト10をちょっと応用したバージョンです。親戚など、身内で集まったときにやると盛り上がるゲームになります。内容は簡単!

準備

  • 1:進行役の方が親戚内で起きた出来事ベスト5を模造紙などに書き出します。
  • 2:回答者にそれは見えないように上から別の紙で隠してください。

あとは準備をした人以外が、1年間で何があったかを当てていくゲームです。

私の親戚では「○○のお家で冷蔵庫を買った」「おばあちゃんが習字で賞を獲った」「○○が高校合格!」などが取り上げられていました。

このゲーム、今年何があったかを思い出すこともでき、思い出話に盛り上がること間違いなし!年の終わりのこの時期だからこそ出来る、お勧めのゲームです。

歩数計でフリフリダンシング

歩数計を使ったダンシングゲームです。曲に合わせて数人がダンスをして、歩数計の歩数を競い合います。

用意するもの

  • 人数分の歩数計
  • 音楽

手順

  • 1:3名~10名前後のチームに分けます。
  • 2:競技者には、歩数計を腰や腕、脚など好きな位置につけてもらいます。
  • 3:時間を計って(約1分程度)制限時間がきたらダンス終了!
  • 4:歩数計をはずし、順位決定。

アレンジ

  • 優勝者には景品、最下位には罰ゲームなどがあると盛り上がります。
  • また、地面から足を上げないというルールを設けると、面白いダンスを見ることができるかもしれませんよ。

制限時間内で同じ曲を流し続けてももちろん面白いですが、あえて途中にスローテンポな曲を入れるなどアレンジを加えると、一段と盛り上がります。曲のバリエーションを揃えておきましょう。

歩数を最初に決定しておき、その数に一番近い人を勝ちにするなど、勝ち方に変化をつけてみるのも面白いです。

ハウマッチゲーム

チームごとに何かの数字の合計を出し、何の合計か当てあいます。

用意するもの

  • 計算機(携帯電話についているものでOK)

手順

  • 1:参加者は、数名ずつのチームに分かれます。
  • 2:チームごとに、自分達の「何か」に関する数字の合計を発表します。
  • 3:出題された方のチームは、その数字がいったい何の合計かを当てます。
  • 4:問題が難しいようなら、ヒントとして「センチ」「円」「人」などの単位を教えてもOKです。
  • 5:正解発表後は、平均値を計算したり、誰がいくつかを想像したりして楽しむことが出来ます。
過去に付き合った人数とか、転職回数とか面白いかもしれませんね。

記憶力・絵心クイズ

お店の看板やロゴを記憶力だけで描くクイズです。

用意するもの

  • お題
  • ペン

手順

  • 1:お題を出します。
  • 2:回答者は出されたお題の絵を書きます。時間は2~5分くらい。その場の雰囲気で回答時間は適宜調節してください。
  • 3:書き終わったらみんなで判定!

意外と簡単なものでも細かなところまでは覚えていないもの。例えば…「といざらす」のロゴを正しく書いてみてください!といわれても、いったいどこがカタカナで、どこがひらがなで、はたまたどこがひっくり返っていたのか…相当なトイザラスファンでなければ覚えてない気がします。意外と簡単なお題ほど面白かったりしますよ。

正解は「トイザらス」「TOYSЯUS」

コレは簡単なお題であればあるほど、絵ゴゴロというよりは記憶力が問われる問題かと思います。絵が苦手な人でも気軽に参加できるのでお勧めです。絵が上手な人がそろっている際は、ハイグレードなお題を出してみるのも面白いかと思います。

景品や罰ゲームもつけよう!

ゲームには基本的に景品や罰ゲームをつけるととっても盛り上がります。景品は主催者だけが用意するのではなく、参加者がそれぞれ持ち寄って行うと面白いですよ。

景品も高価な物を用意する必要はありません。面白グッズや食品(カップラーメン等)、また形を工夫して中身はワインじゃないのにワインに見せかけたラッピングをし、もらった人が驚くようにするのも面白いかと思います。

ゲームはTVのバラエティ番組などで取り上げられているものをやると結構盛り上がりますよ!また、心理テストも面白いと思います。

パーティーを楽しくするのは、参加者全員です!是非、ゲームなどで花を添えて、楽しいパーティーにしてみてください!

(image by amanaimages)
(image by PIXTA 1 2 3)

著者:スゴレン

この記事で使われている画像一覧

  • 02490c8c cae7 4be8 a3d1 b9fb4deaf321 thumbnail
  • E400c008 f09f 4d16 b664 685f9fb615f2 thumbnail
  • E68b86c3 e885 40c0 a37c 28f7baa19a23 thumbnail
  • E3e55790 1462 4167 9136 bf68b9ca4a5f thumbnail

本記事は、2009年12月04日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る