生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 費用要らず!クリスマスパーティでやると盛り上がるゲーム特集

費用要らず!クリスマスパーティでやると盛り上がるゲーム特集

2016年04月07日更新

 views

お気に入り

はじめに

12月の声とともに、街は一気にクリスマス一色。親しい仲間と過ごすなら、ホームパーティがお勧めです!

そんなホームパーティにやると盛り上がるゲームをご紹介したいと思います。

単語探しゲーム

用意するもの

  • タイマー
  • ペン

手順

  • 1:チームに分ける。

チームの人数は何人でもOK。少人数にして、多くのチームで対戦しても楽しいですよ。

  • 2:クリスマスに関する言葉をでいるだけ多くあげる。

例えば・・・サンタクロース、クリスマスツリー、イルミネーション、・・・七面鳥。などなど。単語を出来る限り多く言います。
2分以内でいくついえるか、たくさん言ったチームの勝ちになります。

なんでもベスト10!

何のベスト10かを当てていくクイズです。用意するもの:事前調査が必要になります。

手順

  • 1:司会の方はあるアンケートの結果を5位(10位からでもOK)から発表していきます。

  • 2:参加者にはそれが何のアンケートなのか予想してもらいます。分かった時点で挙手して答えてもらいます。

  • 3:正解者が出たら次ぎの問題へ。

順位の発表の途中で正解が出たら、1位まで発表して、アンケート結果自体を全員で楽しみましょう。

ゲームのポイント

このゲームが面白くなるポイントはアンケート内容。コレば凝るほど盛り上がります。仲間内、内輪ネタなどを交えて、面白いアンケート結果をとるのが幹事の腕の見せ所です。

会社でしたら、「社内で一番仕事をがんばっていると思う人」や「一番頼りになる上司」や「一番期待のルーキー」などよいかもしれませんね。

ちょっと、なごやかな問題であれば「社内で一番もてそうな人」や「結婚したい人」や「ベストファーザー賞」なんか面白いかも知れませんよ。

また、発表の仕方に凝ると、一段と面白くなります。
例えば、高校時代の仲間が集まって行った場合では、卒業アルバムにあったアンケートを使用したりするのも面白いですよね。

また、子供参加型のパーティなら、その年齢に合わせたアンケートを子どもたちからとっておくのもよいでしょう。

例えば、小さい子どもたちなら、「ままごとするなら何の役が一番いい?」と聞いて、1位から順位をつけて、そのアンケートの結果を見ながら親たちが何のベスト10なのか言い当てるといった感じです。

子ども達の意外な本心が聞けて、親子ともども楽しめますよ。

今年の5大出来事!

なんでもベスト10をちょっと応用したバージョンです。親戚など、身内で集まったときにやると盛り上がるゲームになります。内容は簡単!

準備

1:進行役の方が親戚内で起きた出来事ベスト5を模造紙などに書き出します。

2:回答者にそれは見えないように上から別の紙で隠してください。

あとは準備をした方意外が一年何があったかを当てていくゲームです。

著者の親戚では、「○○のお家で冷蔵庫を買った」や「おばあちゃんが習字で賞を獲った」「○○が高校合格!」などが取り上げられてたりしました♪
このゲーム、今年何があったかを思い出すこともでき、思い出話に盛り上がること間違いなし!年の終わりのこの時期だからこそ出来る、お勧めのゲームです。

歩数計でフリフリダンシング♪

歩数計を使ったダンシングゲームです。
曲に合わせて数人がダンスをして、歩数計の歩数を競い合います。
アップテンポの曲から、あえてゆっくりとした曲にチェンジするなど、曲のバリエーションを揃えておくと、踊っている人の動きも変わり、より盛り上がりますよ。

用意するもの:人数分の歩数計・踊らさせるための音楽

手順

  • 1:3名~10名前後のチームに分ける。

  • 2:競技者には、歩数計を腰や腕、脚など好きな位置につけてもらいます。

  • 3:時間を計って(約1分程度)制限時間がきたらダンス終了!

  • 4:歩数計をはずし、順位決定。

アレンジ

  • 優勝者には景品、最下位には罰ゲームなどをやると盛り上がります。
  • また、地面から足を上げないというルールを設けると、面白いダンスを見ることができるかもしれませんよ。

制限時間内で同じ曲を流し続けてももちろん面白いですが、あえて、途中にスローテンポな曲を入れるなどアレンジを加えると、一段と盛り上がります。
歩数を最初に決定しておき、その数に一番近い人を勝ちとするなど、勝ち方に変化をつけてみるのも面白いです。

ハウマッチゲーム

チームごとに何かの数字の合計を出し、何の合計か当てあう

用意するもの:計算機(携帯電話についているものでOK)

手順

  • 1:参加者は、数名ずつのチームに分かれます。

  • 2:チームごとに、自分達の「何か」に関する数字の合計を発表します。

  • 3:出題された方のチームは、その数字がいったい何の合計かを当てます。

  • 4:問題が難しいようなら、ヒントとして「センチ」「円」「人」などの単位を教えてもOKです。

  • 5:正解発表後は、平均値を計算したり、誰がいくつかを想像したりして楽しむことが出来ます。

過去に付き合った人数とか、転職回数とかおもしろいかもしれませんね。

記憶力・絵心クイズ

お店の看板やロゴを記憶力だけで描くクイズです。

用意するもの:お題、紙、ペン

手順

  • 1:お題を出します

  • 2:回答者は出されたお題の絵を書きます。時間は2~5分がだとうでしょうか、その場の雰囲気で解凍時間は適宜調節してください。

  • 3:書き終わったらみんなで判定!

意外と簡単なものでも細かなところまで覚えてはいないもの。例えば・・・「といざらす」を正しく書いてみてください!といわれても、いったい何処がカタカナで、どこがひらがなで、はたまた何処がひっくり返っていたのか・・・相当なトイザラスファンでなければ覚えてない気がします。意外と簡単なお題ほど面白かったりしますよ。

コレは簡単なお題であればあるほど、絵ゴゴロというよりは記憶力が問われる問題かと思います。絵が苦手な人でも気軽に参加できるのでお勧めです♪絵が上手な人がそろっている際は、ハイグレードなお題を出してみるのも面白いかと思います。

おわりに

如何でしたか?ゲームには基本的に景品や罰ゲームをつけるととっても盛り上がります。景品は主催者だけが用意するのではなく、参加者がそれぞれ持ち寄って行うと面白いですよ♪

景品もいい物を用意する必要はありません。面白グッズや食品(カップラーメン等)また、形を工夫して、中身はワインじゃないのにワインに見せかけたラッピングをし、もらった人が喜こぶ顔を見て、空けた瞬間がっかりする顔を見て楽しむのも面白いかと思います。

ゲームでは「いいとも」や「「ぷっ」スマ」「ロンドンハーツ」などで取り上げられているゲームをやると結構盛り上がりますよ!また、深層心理テストもおもしろいと思います。

本屋さんでは・・・

なども売られているので、参考にしてみるのもお勧めです!
パーティーを楽しくするのは、参加者全員です!是非、ゲームなどで花を添えて、楽しいパーティーにしてみてください♪

関連ライフレシピ

この記事で使われている画像一覧

  • 20091206081653
  • 20091204180102

本記事は、2016年04月07日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る