生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7. 筋トレの基礎知識~筋トレ用語集その2~

筋トレの基礎知識~筋トレ用語集その2~

2010年11月11日作成

 views

はじめに

前置きは無しにして、早速簡単に説明致します。

用語集

アウターマッスル&インナーマッスル

  • アウターマッスル=外側にある目に見える筋肉

  • インナーマッスル=内側にある目に見えない筋肉

腹筋、背筋、太ももの筋肉、腕の筋肉、など一般的に聞く&目に見える筋肉を総称してアウターマッスルと言います。

一方、インナーマッスルはあまり聞かない&目に見えない筋肉の総称。主に腸腰筋のことを指します。以下の画像参照。

この骨盤~下腹の奥を通る3つの筋肉をまとめて腸腰筋と言います。近年、この筋肉の重要性が注目されてきています。

肩にもインナーマッスルが存在します。以下画像参照。

肩甲下筋、棘下筋、棘上筋、小円筋、の4つです。

野球や槍投げなど投げる時に使う筋肉なので、普通の人はあまり鍛えないかもですね。

パンプアップ

筋トレをすると腕や足がパンパンになって膨張します。このことをパンプアップと言います。

遅筋(ちきん)&速筋(そっきん)

  • 速筋=瞬発力&太い筋肉

  • 遅筋=持久力&細い筋肉

陸上短距離選手や野球選手、バスケットボール選手などは瞬発力が必須なので速筋が目立ち、体も太く大きいです。ボディビルダーもそうです。

マラソンランナー、駅伝選手は持久力が必要なので遅筋が目立っており、体が細いです。

また、中間筋と言う速筋と遅筋の間のような筋肉もあるようです。

  • 100m走や200m走は速筋が使われる

  • 400m走や800m走は中間筋が使われる

  • 1500m走以上は遅筋が使われる

スロートレーニング

ゆっくり行う筋トレのことをスロートレーニングと言います。重いダンベルやジムにあるようなマシンが無い時に、十分に筋トレ効果を発揮させたい時に行う方法です。

例えば、腕立て伏せは一回こなすのに1秒くらいですが、これを5秒くらいかそれ以上かけてやります。ゆっくり肘を曲げて行き、ゆっくり肘を伸ばして行く。地味で相当キツイですが、効果が大きいです。

おわりに

「筋トレっておっくう&面倒臭い&難しい」と思う人がいると思いますが、用語や意味、メカニズムを知ると先入観が無くなって筋トレに興味が沸き、したくなりますよ。

(Illustration by 著者)

本記事は、2010年11月11日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る