生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 毎日仕事を頑張るパパへ!勤労感謝の日のオススメの過ごし方

毎日仕事を頑張るパパへ!勤労感謝の日のオススメの過ごし方

2013年03月14日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

勤労感謝の日は、仕事を頑張っている人に感謝の気持ちを伝えるためにある祝日だと、著者は考えています。

そんな勤労感謝の日は、いつも仕事を頑張って、家族を支えてくれている夫に、「お疲れ様」の想いを込めた過ごし方をするようにしています。

勤労感謝の日の過ごし方

家族でクアハウスにお出かけ

日ごろの疲れを癒す、といえば、「温泉」ですよね。そこで著者家族は、毎年勤労感謝の日には、車で1時間ほどのところにあるクアハウスにお出かけします。

クアハウスなら、温泉もプールもあり、水着を着て男女混合で入れるので、家族みんなで楽しむことができます。

もちろん、行き帰りの車の運転も著者が行い、夫には負担をかけないよう心がけ、ドライブも楽しんでもらいます。

行ってみた感想

「夫に疲れをとってもらう」というのが第一の目的なのですが、家族みんなで行くので、3人の子供たちの面倒を見なければならず、「結局余計に疲れてしまった・・・」という結果になります。

ですが、そんな疲れは心地よいもので、楽しいクアハウスにはしゃいでいる子供たちの姿に癒され、「明日からも頑張ろう!」という気持ちになれると、夫は言ってくれます。

温泉やプールで遊んで心地よく疲れるので、その分、夜はいつもよりぐっすりと眠ることができ、最終的には疲れが癒されているようです。

その日は子供たちも早くに眠ってくれるので、夜もゆっくりと過ごすことができます。

その他のオススメの過ごし方

クアハウスで温泉やプールを楽しみ、癒された後は、クアハウス近くにあるに遊びに行きます。秋の海は少し物悲しい雰囲気ですが、そんな景色にも癒されます。

子供たちも、サラサラの砂で思い切り遊んで、秋の海を思い切り楽しみます。

それから、海の近くの観光地だからこその食事、新鮮な海鮮料理を夕食に食べて帰ります。おいしい食べ物を食べることは、何よりの癒しです。

おわりに

著者の家族の勤労感謝の日の過ごし方のテーマは、「癒し」です。仕事の疲れを癒し、気持ちをリセットすることで、「また頑張ろう!」という気持ちになってもらうための祝日にしています。

温泉・景色・食事・・・そして何よりも、家族と過ごす楽しい時間が、仕事を頑張っている夫の活力になります。

勤労感謝の日を有意義な祝日として過ごせるように、この記事がお役に立てば幸いです。

(photo by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130314130520 51414c80296ce

本記事は、2013年03月14日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る