\ フォローしてね /

知ってますか?債券投資のリスク

債券は比較的品揃えが豊富で、安全性を考慮した選択や、好収益を狙った選択をすることができる投資商品です。

債券投資のリスクについて知り、自分にあった商品を選ぶようにしましょう。

本記事は、2013年3月のSMBC日興証券株式会社への取材情報をもとに執筆されたものです。

債券のリスク

債券には以下のようなリスクがあります。

金利リスク

金利リスクには、「金利が変動することによって債券の価格が変動し、期待していたリターンが実現しないリスク」や、「利子などを当初予定していた利回りで再投資できないリスク」などがあります。

債務不履行リスク

債券はもともとは、国や企業の借金のような性格があるため、様々な理由によりその発行者が、毎期の利息を支払えなくなったり、償還が行なわれなかったりすることがあります。これらのリスクは、債務不履行(デフォルト)リスクとも呼ばれます。

この債務不履行リスクの度合いを測る尺度としては、格付機関が評価する格付があります。

途中償還リスク

債券には発行者によって予定より早く償還されてしまうケースがあります。この場合には当初予定していた利回りを下回ることがあります。

途中償還による利回りの不確実性を途中償還リスクと呼びます。

為替リスク

円貨以外の通貨で発行する債券は、為替相場の動きに影響されます。たとえ好利回りな外貨建て債券であっても、投資元本を割り込む可能性もあります。

為替相場の変動に伴う利回りの不確実性を為替リスクといいます。

債券投資のリスクを減らすには

債券投資に限ったことではありませんが、資産運用上のリスクを減らす方法として、分散投資という方法があります。分散投資をすることで、投資におけるリスクを低くすることができます。

分散投資は、投資対象を多様化させることで、資産運用に伴う価格変動リスクを低減させて好リターンをめざす有効な方法です。

地域の分散

国内と海外、新興国と先進国、欧州とアジアなどに分散します。外国株式や外国債券に投資したり、外国の株式や債券で運用する投資信託を利用することでも、地域の分散を実践できます。

商品の分散

一つの金融商品に限らず、株式・投資信託・債券・年金・保険・預貯金などに分散します。また、「バランス型」など国内外の株式や債券等に幅広く投資する投資信託を利用することでも、国際分散投資になります。

通貨の分散

円、米ドル、ユーロ、ブラジルのレアル、南アフリカのランドなどに分散します。外貨への投資は、外貨建てMMFや外貨建て商品を購入することでも手軽に実践できます。

時間の分散

積立など定期的に一定額を投資することで、一時的な価格変動のリスクを分散させる効果が期待できます。積み立てる銘柄や商品を多様化すれば、さらなる分散効果が期待できます。

おわりに

ここでは、債券投資のリスクについてご説明しました。

投資では、ひとつの商品を買うだけでなく、複数の商品に資産を分散させることでリスクを低減させることもできます。

(image by amanaimages)
(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。