\ フォローしてね /

タイプは様々!分配金の受取方法

投資信託をする人すべてが期待している分配金。分配金には、その商品のタイプごとでいくつかの受取方法が存在します。

ここでは、分配金の受取方法についてご説明します。

本記事は、2013年3月のSMBC日興証券株式会社への取材情報をもとに執筆されたものです。

分配金の受取方法

分配金の受取方法は、投資信託によってさまざまです。

分配金の支払い頻度も、毎月支払われるものから年1回だけのものなど、投資信託によってさまざまに変化します。

毎月決算型

「毎月決算型」の投資信託ではインカムゲインを中心とした安定的な分配が行われます。

国内外の債券ファンドが代表的です。
インカムゲインとは「利子・配当収入」のことをいいます。

毎月決算+運用実績型

「毎月決算+運用実績型」の投資信託ではインカムゲインを分配の中心としつつ、キャピタルゲインがあった場合には特定の決算日に分配額を増額します。

高配当株式ファンドが代表的です。
キャピタルゲインとは「値上がり益」のことをいいます。

年2回決算型

「年2回決算型」の投資信託は実際の運用成績に応じて年2回の決算ごとに分配を行います。

年1回や年4回のファンドもあります。
国内外の株式ファンドが代表的です。

分配金をどうするか?

通常、分配金は投資信託の決算日から5日目以降に販売会社を通じて受け取ることができます。

しかし分配金の受取方法として2つのコースを選択できる投資信託も存在します。

分配金受取コース 決算時に支払われた分配金をその都度受取ります
分配金再投資コース 決算時に支払われた分配金を同一のファンドに再投資します
分配金を再投資することで、複利効果によって運用の成果を大きくできることもあります。

新設ファンドの注意点

新たに設定されたファンドの場合、ファンドの分配方針に沿った分配を可能にするために、設定後数カ月は分配を行わない場合があります。

初回の分配金の支払い時期を確認しましょう。

ファンドによっては分配を実施しないファンドもあります。

おわりに

ここでは、分配金の受取方法についてご説明しました。

投資信託はその分配金の受取方法まで、多岐にわたります。その中からご自身に最も適したものを見つけ納得行く資産運用をしましょう。

(image by amanaimages)
(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。