生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 思いやりを伝えたい!敬老の日のオススメの過ごし方

思いやりを伝えたい!敬老の日のオススメの過ごし方

2015年03月03日更新

 views

お気に入り

はじめに

敬老の日は、おじいちゃんやおばあちゃんに感謝の気持ちを伝える日。そんな相手が、まだ健在でいることは、とても幸せなことです。

ありがたいことに、著者には元気に畑仕事をしている祖母が2人と祖父が1人います。毎年敬老の日には、ちょっとしたプレゼントを持って、祖父母に感謝の気持ちを伝えにいくのが定番になっています。

そんな著者が実践している、敬老の日のオススメの過ごし方を紹介したいと思います。

敬老の日のオススメの過ごし方

カレー作り

まずは、朝早起きして、子供たちと一緒にたっぷりのカレーを作ります。このカレーは、1人暮らしの祖母のための敬老の日のプレゼントとなります。

子供たちに、

「ひぃばぁちゃん、喜んでくれるかな?今日はひぃばぁちゃんと一緒に食べるんだよ。」

と、祖母のことを話しながら、野菜の皮剥きなど手伝えるところを手伝ってもらいながら作るのです。

ケーキを買いに行く

カレーができると、今度は近所のケーキ屋さんにケーキを買いに行きます。これは、著者の実家で著者の母と姉と4人家族で住んでいる、祖父母に贈るためのプレゼントです。

ここでも、子供たちを連れていき、祖父母が喜びそうなケーキを選んでもらいます。

プレゼントを持って訪問

まずはケーキを持って、著者の実家に行きます。そして、子供たちから祖父母に、%プレゼントの%ケーキを手渡してもらいます。こちらは4人家族なので、4人分のケーキを購入していき、家族で食べてもらいます。

それから、朝作ったカレーをタッパーに詰めて、1人暮らしの祖母の家に行きます。そこで、ごはんを炊いて、祖母と一緒に昼食にカレーを食べながら、賑やかな時間を楽しみます。

1人暮らしで寂しい祖母のために、賑やかな食事の時間もプレゼントです。

プレゼントの反応

ケーキとカレーは、毎年恒例のプレゼントなので、

「待ってました!」

という反応が返ってきます。とても喜んでもらえるので、こちらも温かい気持ちになります。

子供好きな祖父母にとって、可愛い盛りの著者の3人の子供、つまりひ孫たちは、何よりの癒しとなっているようです。そんなひ孫が選んだケーキ、ひ孫が作ったカレー、というと、それだけで喜びが倍増するようで、祖父母はとても柔らかい表情になり、喜んでくれます。

子供たちも、「自分が選んだもの、作ったものを喜んでもらえた」と、自信がつくようです。

また、1人暮らしの祖母と一緒に食事を楽しみ賑やかな時間を過ごすことで、祖母も活力が湧いてくるようで、帰るころには表情が活き活きとしています。

長生きしてほしい祖父母に、子供たちのパワーを分けてあげましょう。

その他のオススメの過ごし方

著者の一人暮らしをしている方の祖母は、車に乗れないので、普段は遠出することができません。気候がよければ、そんな祖母を連れて、車で少し遠くの公園にお出かけすることもあります。

普段祖母が行けないような場所で、景色が良かったり空気がおいしい場所に行けば、祖母も気分が良くなりますし、子供たちも喜びます。

人ごみに連れて行くより、のんびりした空気のところに連れて行ってあげたほうが疲れず、良いようです。

おわりに

大切な祖父や祖母に、元気に長生きしてもらえるように・・・そんな思いを込めたプレゼントは、きっと祖父母の心にも伝わります。

ひ孫たちのパワーをおすそ分けして、来年も、プレゼントを元気に受け取ってもらえるように、何よりの健康の素である「笑顔」を引き出せるような過ごし方をしましょう。

(photo by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130313105837 513fdd4ddcbb3

本記事は、2015年03月03日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る