\ フォローしてね /

長期にわたる分割払いをクレジットで一括して支払う方法

クレジットカードには便利な使い方がいくつか存在します。クレジットカードを賢く利用してみたいとは思いませんか?

ここでは、「長期にわたる分割払いをクレジットで一括して支払う方法」についてご説明します。

本記事は、2013年3月の社団法人日本クレジット協会への取材情報をもとに執筆されたものです。

早期完済

早期完済とは?

分割払いのクレジットの支払いを、当初の支払期限の前に一括で支払うことを「早期完済」といいます。

分割払いには手数料がありますので、一般には「早期完済」をすると早く払った分の手数料の払い戻し(戻し手数料)が受けられます。

2つの条件

この「戻し手数料」を受けるためには以下の2つの条件があります。

  • 契約通りに支払いをしていること
  • 残金を一括で支払うこと

計算方法

78(しちはち)分法

「戻し手数料」の計算方法には決まりがありませんが、多くは「78(しちはち)分法」とよばれる計算方法で算出されます。

公式にすると、支払回数をN、分割手数料をC、n回目に全額返済すると下の式で戻し手数料が求められます。

(N-n)(N-n+1)×C/N(N+1)=戻し手数料

注意したい別途手数料

なお、早期完済をするためには別途事務手数料がかかることがあります。

よって最終的に払い戻されるのは、上述の78分法で求められた「戻し手数料」から事務手数料を差し引いた額ということになります。

早期完済の対処や戻し手数料の計算の方式は各クレジット会社で異なるので問い合わせるといいでしょう。

おわりに

ここでは、長期にわたる分割払いをクレジットで一括して支払う方法についてご説明しました。

資金に余裕のある方はクレジットカードで一括して返済をしてしまいましょう。

(image by amanaimages)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。