\ フォローしてね /

クレジットカードの暗証番号の基礎知識

このライフレシピのもくじたたむ

クレジットカードの暗証番号はカードキャッシングをご利用されるときに用いられています。また、カードにICチップを搭載したICクレジットカードでは、暗証番号はサインの代わりに利用されています。どちらも非常に大切です。

ここでは、クレジットカードの暗証番号の基礎知識についてご説明します。

本記事は、2013年3月の社団法人日本クレジット協会への取材情報をもとに執筆されたものです。

暗証番号の登録

できるだけわかりにくい番号にする

クレジットカードを紛失したり、盗難された際、暗証番号が第3者に推測されて不正使用されるケースがあります。

暗証番号は大切な番号ですので、他人にわかりにくい番号を選び管理してください。

わかりやすい(推測されやすい)番号

特に以下は推測されやすい番号です。

  • 生年月日
  • 電話番号
  • 自宅住所の番地
  • 4桁の同じ数字
新規にカードを申し込む場合はこれらを暗証番号にしないようにします。また、すでに、これらを暗証番号に利用している場合は、クレジット会社に連絡して変更の手続をとってください。

おわりに

ここでは、クレジットカードの暗証番号の基礎知識についてご説明しました。

暗証番号はできるだけわかりにくいものにしましょう。

(image by amanaimages)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。