生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon family家族・人間関係

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 夫婦喧嘩をして夫婦円満を手に入れるコツ

夫婦喧嘩をして夫婦円満を手に入れるコツ

2010年11月10日作成

 views

はじめに

結婚して家族になったとは言え夫婦はもともとは他人です。血のつながった家族でさえ喧嘩をするのに他人との喧嘩は当然かもしれません。

そこで夫婦喧嘩をして夫婦円満な家庭を築いていくコツをご紹介します。

夫婦喧嘩をしてもっと仲良くなるコツ

意地を張らずに謝る

夫婦喧嘩をして仲良くなるにはまず仲直りするきっかけを見つけるのが大事ですね。

「ごめんね。」というのは何となく意地があったり照れ臭かったりでつい言いそびれるということがあるでしょう。でも態度よりまず言葉です。

「目は口ほどにものをいう。」ということがありますが、それは恋人同士とか夫婦円満の時です。夫婦喧嘩をしている時は相手の素振りよりもまずは言葉です。

「ごめん!」これが珠玉の一言です。この一言によって相手はまず警戒心を解くでしょう。

相手が日頃気にしている事に同調する

相手が日頃気にしていた事にさりげなく「あんなこと言ってたけれどそれもいいかもね。」と同調しましょう。

そうすると「案外ものわかりがいいんだな~」とか「自分のことを気にしてくれているんだな~」と相手も大分気持ちが和らいでくるでしょう。

そこで「こっちも言い過ぎたかな~?!」と反省する気持がわいてきます。お互い気持がほぐれてくるといつまでも喧嘩していることがつまらなくなるものです。

将来の事に期待を寄せた話をする

喧嘩の後には将来の夢物語をするのもふたりの結びつきをもっと強めることになるでしょう。

喧嘩をして仲直りした後だからこそ日常の会話以上に話がとても盛り上がりますね。

「いつか家を買いたいね。」とか「ふたりで旅行したいね。」とか空想話で「月旅行をしたいね。」「かぐや姫に会えるかもね。」なども良いですね。

人間は「夢を喰って生きている動物」ですよね。普段はあまり話さないような夢物語をして盛り上がるのには絶好のチャンスかもしれません。

今以上にもっと仲良く幸せになる為には少し現実離れした共通のロマンを持つことも大切にしたいものです。

おわりに

「雨降って地固まる!」喧嘩をしてもそれを幸せの踏み台にして将来に向かってジャンプしたいですね。

相手を責めるより許す心、自分が反省する心を持てば何回喧嘩してもまたきっと仲のいい夫婦に戻れます。

夫婦はお互い「ベターハーフ」ふたり合わせて一個の完成品となるのですね。

本記事は、2010年11月10日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る