\ フォローしてね /

マイクロ一眼デジタルカメラの掃除方法

このライフレシピのもくじたたむ

最近急激に人気の出ているマイクロ一眼デジタルカメラの掃除の方法をご説明します。

用意するもの

ブロアー

清掃キット

レンズクリーニングリキッド

掃除の手順

STEP1:全体のホコリを飛ばす

ブロアーを使って全体のホコリを吹き飛ばします。

特にボタンやパーツの接合部にホコリが溜まるので念入りに作業してください。

STEP2:全体の汚れを磨き落とす

清掃キット付属の布を使って、全体を拭きます。見た目は綺麗でも、人の手で触っている以上、皮脂が確実に付着しているので各ボタンやグリップのあたりは念入りに。

布では届かない隙間は付属の綿棒を使って掃除します。落ちにくい汚れの場合はレンズクリーニングリキッドを綿棒に染みこませ、汚れをぬぐいます。

レンズクリーニングリキッドはアルコールなどの揮発性の物質を含んでいるため、汚れがよく落ち、なおかつ直ぐに蒸発します。

くれぐれも水などをつけて拭かないようにしてください。故障の原因となります。

STEP3:レンズを清掃する

一番取り扱いに注意が必要な箇所です。清掃キットに入っているレンズクリーニング用の不織布にレンズクリーニングリキッドを数滴落とし、中央から円を描くように拭きます。

ポイントは強く磨かないこと。細かなホコリをはさんでいた場合、レンズに傷をつけてしまいます。

ティッシュペーパーは使わないでください。細かな繊維くずが舞って余計に汚れます。

STEP4:レンズ内部の掃除

レンズの内部は普段外気に触れない箇所なので、汚れは少ないはずです。目立った汚れがなければブロアーでホコリを吹き飛ばす程度で十分です。

もし汚れていた場合は、付属の綿棒にレンズクリーニングリキッドを数滴落とし、レンズ表面と同じく中央から円を描くように拭きます。その際には、力を入れずやさしく拭いてください。

レンズを取り外した本体内部も掃除の対象ですが、本体内部にあるCMOS部(赤枠部分)は絶対に触れないでください。ここは写真を撮るための心臓部とも呼べる場所で、迂闊に指紋をつけたりホコリをつけてしまうと撮影画像全てに影響がでてきます。

ブロアーでホコリを吹き飛ばすだけにしておきましょう。

おわりに

デジタルカメラは精密機器ということを忘れずに、なるべく専用の道具を使ったほうが確実かつ安全に作業ができるかと思います。

切り替わりの早いデジカメ業界ですが、気に入った機種を長く大事に使い続けることも大切です。

お気に入りのカメラに愛着をもって大切に使いましょう。

(photo by 筆者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。