生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 湿気も大きな原因!クローゼットのニオイ対策法

湿気も大きな原因!クローゼットのニオイ対策法

2013年03月12日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

皆さんのお家にあるクローゼットの中、臭いませんか?

クローゼット内の臭いの元のひとつに湿気があります。外出後の上着やコートが含んでいる湿気と室内の湿気が原因のようですが、湿気を取ることで臭いの対策に効果があると思います。

ここでは著者が実践している、クローゼットの臭い対策をご紹介します。

消臭に使うもの

除湿剤

市販の除湿剤が手軽で便利です。著者は「ドライペット」という除湿剤の無香料タイプを使っています。また、メーカーによっては芳香タイプや備長炭入りタイプもあります。

消臭剤

市販されている消臭剤のタイプは、置くタイプとスプレータイプがあり、両方を活用するとより効果があります。また、それぞれに無香性と芳香性がありますので、お好みで選びましょう。

著者は無香性のものを置いています。また、便利で経済的な詰め替え用があるものを利用しています。

参考:無香空間

手順

除湿剤も消臭剤もクローゼット内の邪魔にならないところへ置くだけです。

著者はクローゼットの床に置いています。

消臭の頻度、タイミング

著者は除湿剤は400ml×1個で70円、消臭剤(詰め替えパック300g)×150円をクローゼット内において置き、以下のタイミングをおおよその目安として交換しています。

  • 除湿剤は約3ヶ月で交換、1年で70円×4=280円
  • 消臭剤は約2ヶ月で交換、1年で150円×6=900円

1日当り(280円+900円)÷365≒3.2円で、比較的お安いと思っています。

その他、クローゼットの消臭で注意すること

換気をする

天気がよい日にクローゼットの扉を開け、半日ほど放置しておくとよいです。そのとき、部屋に窓があれば、窓を開けて空気の入れ替えをしましょう。

窓がない部屋は換気口を開けます。また、隣り部屋の窓を開けて、部屋同士のドアを開けておくという方法もよいです。

中の物を天日干し

衣類の湿気などは天日干しで改善されます。また、日光消毒や殺菌効果もありますので、天日干しができる物は積極的に行いましょう。

色物や変色、黄ばみを起こしやすいものなど、天日干しをしてはいけない物には注意しましょう。

その他の注意点

お好みの芳香剤やアロマ、また、石鹸などを置くことで、クローゼット内に香り付けするものよいでしょう。

ただし、芳香剤などの香りはクローゼット内全てに付いてしまうので留意しましょう。

著者は無香料タイプの除湿剤と消臭剤を使用しています。クローゼット内に香りが付く芳香剤やアロマの使用は、香水や芳香剤を好まない夫の希望で避けています。

おわりに

いかがでしたでしょうか?クローゼット内の湿気を取ることで、臭いとともにカビの発生も抑制できます。

お好みの芳香剤などと併せて、試してみてください。

(photo by amanaimages)
(photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130312145646 513ec39e71bd3
  • 20130217102839 5120324751d76
  • 20130212110654 5119a3be62ff3
  • 20130310200714 513c6962b2fbb

本記事は、2013年03月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る