生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon family家族・人間関係

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 夫婦仲を悪くする妻に言ってはいけないNGワード

夫婦仲を悪くする妻に言ってはいけないNGワード

2013年02月05日更新

 views

お気に入り

はじめに

長い人生をともに歩く大切な伴侶とは、末永く仲良く楽しく暮らしたいですよね。自分のふとした発言から奥さんを傷つけたり、大喧嘩になることがないように気をつけましょう。

ポイントその1 「太ったね」など見た目へのネガティブ発言

結婚前に比べ奥さんが太ったり、老けたりしてきたときにストレートに伝えてはいけません。結婚してからの見た目の変化は、きっとあなたにもあるはず。

例えば、奥さんが「太ったなぁ」と思い痩せて欲しかったら、「週末、一緒に運動しない?」など、自分も気をつけようと思ってるふりをして、一緒にダイエットに取り組みましょう。

ポイントその2 「別に、なんでもいい」など気のない返答

「今日のごはん、何がいい?」「AとBどっちがいいかな?」など奥さんがあなたに質問したときに「どっちでもいい」などの気のない返事をしないように気をつけましょう

例えば、「今日のごはん、何がいい?」と聞かれたときに「別になんでもいい」など面倒くさく思っても、「僕はなんでもいいけど、君は何がいい?」とか、「○○が食べたい」(特にそんなに食べたいと思っていても)と答えると奥さんも喜びますよ。

ポイントその3 「おまえが甘やかすから」など子育てで奥さんを攻める言葉

子供の教育を奥さんにまかせっきりの人も多いかもしれません。そんなときに「おまえが甘やかすから」「おまえがしっかりしてないから」など、奥さん1人が悪いような言い方はやめましょう。

子育ては夫婦で取り組むものです。そのことを忘れずに何か子供に問題が起こったときには奥さんを攻めることはせず、夫婦一丸となって、解決策を考えましょう。

おわりに

家族だからと言って、何を言ってもいいわけではありません。何気なく言ったその言葉がケンカを引き起こすことがないように、相手を気遣った言い回しを考えましょう。

同じ意味でも、言葉ひとつで相手の受け取り方は全く違います。ほんの少し思いやりを持って話すだけで夫婦円満に暮らせますよ。

この記事で使われている画像一覧

  • 20101110063605

本記事は、2013年02月05日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る