生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 食費15000円以内!節約もできて栄養たっぷりの自炊のコツ

食費15000円以内!節約もできて栄養たっぷりの自炊のコツ

2013年03月12日更新

 views

お気に入り

はじめに

自炊は継続すると食費が抑えられますが、たまに自炊となると食材が無駄になったりと逆に高くつきます。冷凍保存、作り置きなどで、忙しくても自炊できるようにしましょう。

著者の生活について

生活スタイル

月~金の平日勤務で、帰宅は大体19:30頃です。一人暮らし歴は25年です。

自炊について

  • 1ヶ月分の食費:15000円
  • 自炊の頻度:土日および平日はレンジで温める程度の調理

朝・昼・晩、すべて自炊で職場へはお弁当持参。ダイエットおよび健康管理のため、就寝3時間前には夕食を摂りたいので、常備菜や自家製冷凍食品を土日に作っています。

お弁当は、常備采や冷凍した料理を詰めておかずにしたり、お弁当用に冷凍保存したりしています。

自炊をしている理由

ランチのみですが、コンビニ弁当で体重が増えてしまい、また昼と夜にしっかり食べる生活なので、外食やお弁当にすると、野菜不足になると思ったのが自炊のきっかけです。

女性一人暮らしの自炊を続けるコツ

準備する物

  • 冷凍・レンジ可能な保存容器
  • ラップ(冷凍・レンジ可能なもの)

買い物と料理のコツ

金曜、土曜で1週間分の買い物をします。土日で、作り置きできる料理および冷凍保存できる料理を作ります。お米は、1週間分一度に炊いて冷凍保存します。冷蔵保存よりも味が落ちませんし、一度に多くを炊くほうがふっくらとした美味しいご飯になります。以下が冷凍できて便利なおかず一例なので参考にしてください。

  • きんぴらごぼう
  • ドライカレー
  • ひじきの煮もの
  • 切干大根
ご飯、おかずともに1回分づつ保存容器にいれ、冷凍します。2~3日中に食べる予定のものは、保存容器にいれて冷蔵保存します。

無理なく続けるポイント

平日勤務をしている場合、帰宅後あまり時間がないのが普通です。まずは冷凍に向く料理や常備采のレシピを集めることから初めてください。あと1品作れば献立OKという状態、もしくは温め直しのみで献立が仕上がるように工夫することが大切です。

自炊を続けていたよかった点

趣味が料理と言えるようになりました。また、栄養バランスを考えるようになったので、体調も万全です。

おわりに

経済的というよりも、体調管理の上で自炊をお勧めします。自宅で作るのと同じ量の野菜を摂ることは、コンビニ弁当はもとよりスーパーの惣菜売り場で小分けパックを購入しても難しいと思います。

無理せず、土日にまとめて作り置いたおかずで平日を乗り切る方法が一番体力的にも楽だと思いますので、ぜひお試しください。

(photo by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130310120356 513bf81c76dd3
  • 20130310124003 513c0093109b5

本記事は、2013年03月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る