生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7. レンタカーで行く!家族で楽しめる石垣島散策

レンタカーで行く!家族で楽しめる石垣島散策

2013年03月12日更新

 views

お気に入り

はじめに

著者は、沖縄に魅了され、毎年夏に沖縄を訪れています。最初の3年は本島のみでしたが、昨年初めて石垣島に足を踏み入れました。

そこで今回は、「著者が石垣島滞在の際に体験した出来事」についてご紹介したいと思います。

旅行において

時期

昨年8月下旬

人数

家族6人(うち子ども2人)

内容

4泊5日の日程で石垣島に滞在しました。一日だけ竹富島に行きましたが、基本は石垣島でレンタカーを借り、島内観光&海水浴を楽しみました。

旅行の詳細

筆者ら家族は「軽井沢倶楽部ホテル石垣島」に宿泊し、そこを拠点にレンタカーであちこちを廻り、ガイドブックや旅行会社のくれたパンフレットなどを参考にしながら、観光・グルメを楽しみました。

1:川平湾でグラスボート体験

川平湾は非常に美しいターコイズ色の海が広がる静かな湾なのですが、そこでグラスボートに乗りました。船の底がガラス張りになっていて、そこから海の中が見える仕組みになっています。

出発時には白い砂地だった海の底が、だんだん沖に行くにつれ、色とりどりのサンゴに彩られるようになり、同時に魚達の群生が現れると、子ども達だけでなく、大人も身を乗り出して時間を忘れて見とれていました。まさにファインディング・ニモの世界でした。

このグラスボートでは、名前も知らない大小の魚達が海の中で生き生きと泳ぐさまをつぶさに観察できます。

ダイビングの出来ない子どもやお年寄りでも十分海に潜った気になれますよ。

2:米原ビーチでシュノーケリング

過去3年間で本島の海は北から南まで制覇しており、そこでも十分美しかったのですが、石垣島の海の美しさは、本島を上回るものでした。

米原ビーチでは、足の着くような浅瀬でも珊瑚が群生し、青や黄色の美しい魚を見ることが出来ます。著者たちは、現地で足ひれとシュノーケルをレンタルし、海の中を泳ぎました。怖がりで足がつかない場所が苦手な筆者でも十分楽しめました。

お昼ご飯用にと、パンを持参していたのですが、それを小さくちぎって海の中で差し出すと、魚がパンを食べてくれて、子ども達は大はしゃぎでした。ダイビングが年齢的に難しい子ども達にとっては、すごくいい経験になったと思います。

レンタルショップには子ども用のシュノーケルと足ひれ、救命胴衣も用意されてました。手ぶらで行っても大丈夫です。シャワー・トイレも完備です。

3:石垣島鍾乳洞

ここも期待せずに行った割にはすごく面白かった所でした。別記事で書いているので、気が向いたら覗いてみて下さい。

4:石垣島グルメ 石垣牛

石垣島に来て、ぜひ食べてみたかったのが石垣牛でした。なので、最後の夜に「八重福」にステーキを食べに行きました。

牧場が経営するレストランのようで、とにかく大きかったです。メニューも豊富でしたが、「ステーキが食べたい!」ということで、サーロイン・リブステーキのセットを4人前、あと単品で人気だという石垣牛のハンバーグを注文しました。

出てきたのは鉄板からはみ出る程の大きさのよく焼けたステーキで、ライス・サラダ・スープも付いてきて、お値段が2000円代でした。どちらのステーキも肉が柔らかく、それでいてお肉の味はしっかりとあり、ボリュームも豊富だったので、幸せを感じてしまいました。

付属のサラダのドレッシング・スープもおいしかったです。サラダの野菜も自家製だとお店の人がおっしゃってました。付け合せだと侮ってはいけません。

石垣島観光でよかったところ

本島と比べると自然がそのまま残されている場所が石垣島には多く、いい意味で観光化していないところが魅力的でした。

また、大きな島ではないので、ホテルから観光地への移動にかかる時間が少ないのも大きかったです。渋滞もないので快適なドライブが楽しめます。

市街地では石垣牛以外にも、石垣ビール・グルクン・オジサンなど沖縄特有の魚介類の味が楽しめたり、沖縄民謡などを演奏してくれるお店などがあり、夜も楽しむことができました。

石垣島観光でイマイチだったところ

米原ビーチの近くに「八重山ヤシ群落」という珍しいヤシの群落があるのですが、本当に山の斜面にヤシの木がたくさん生えているだけでした。山の上なので、景色はそれなりによかったのですが、子ども達には全く受けませんでした。

また、市街地以外の県道沿いではお店の数がとても少ないです。著者が、お昼時にご飯をたべようとガイドブックに載っていたカフェに行ったら、行列が出来ていたので断念し、他のお店を探そうにも、近所に店が全くなく…なんてことがありました。

これから石垣島を旅行する人へ

石垣島を観光するなら、ぜひレンタカーで廻ってみて下さい。道沿いに見たことがないような植物が生えていたり、突然オシャレなカフェに遭遇したりと、退屈することがありません。好奇心が満たされる快適なドライブになるでしょう!

必ず水分補給できるもの、日よけになるものを携帯して下さい。沖縄の陽射しは思っているよりもきついです。

(Photo by 筆者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130306235814 51375986a105a
  • 20130306235921 513759c99a607
  • 20130307003544 51376250426ec
  • 20130307003631 5137627f7b6d3
  • 20130301120722 51301b6ae9a3e

本記事は、2013年03月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る