生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. タイプ別!あなたに“合わない”婚活パーティーの見極め方

タイプ別!あなたに“合わない”婚活パーティーの見極め方

2013年03月11日作成

 views

(photo by PARTY☆PARTY)

自分に“合わない”と婚活パーティーは楽しめません。『疲れた』『ときめかない』・・・恋するために参加したパーティーで、そんな結果になってしまったら、ガッカリですよね。

婚活パーティー運営スタッフが、タイプ別“合わない”パーティーの見極め方を伝授します。

目次

あなたはどのタイプ?

まずは、あなたの恋愛タイプを分類しましょう!

(1)受け身でシャイ 草食系

いいなと思っても、自分からは声がけできない

(2)ひとりが好きな 一匹オオカミ系

沢山人がいると本音でしゃべれなく、疲れる

(3)人懐っこくて、群れる ハムスター系

ノリ重視。人気者タイプを好きになる

(4)笹以外は、食べない パンダ系

好みのタイプ以外は好きにならない。しかも外見にこだわりあり

自分がどのタイプなのか迷う場合は、友達に聞いてみることをおすすめします。自分の恋愛タイプを客観的にみることができます。

それでは、この4つタイプ別に“合わない”パーティーをご紹介します。

(1)草食系に合わないのは

フリータイムがあるパーティーは避けよう

「受け身でシャイ」な草食系が、大人数でフリータイムのあるパーティーに参加してしまったとします。困るのは、フリータイムです話しかけることができず、アピールできず、終わってしまうのです。

(photo by PARTY☆PARTY)

特に、人数が多いパーティーはNG

婚活パーティーのフリータイムでは人気がある人が数名に集中することが多いもの。そんな中をかき分けて話しかけるのは、草食系にとっては至難の業。

合っているのは、個室で1対1でゆっくり話すパーティー。「一緒に話した時間がどれほど楽しかったか」という、純粋な印象がお相手を選ぶ決め手になるので、ガツガツできない方でも十分に勝負できます。

(2)一匹オオカミ系に合わないのは

グループトークが続く、合コン系が合わない

一匹オオカミ系が、合コンパーティーに参加したとします。合コンパーティーを選ぶ方は、ノリがよくて明るい方が中心。大学時代のサークルの飲み会を思い出させるような光景になります。

みんなは楽しそうなので、浮かないよう合わせて笑ってはみたけど、終了後の二次会は断って、一直線に帰路へ。自宅で一人飲み・・・なんてことにはならないように。

一匹オオカミ系は、グループトークが多いパーティーは避けましょう。

(photo by PARTY☆PARTY)

少人数でも人数多めでもいいので、1対1で話すタイプのものがおすすめです。自分のペースで話せるので、素の自分でいられそう。幅広い会社が開催しているので、選びやすいはず。

(3)ハムスター系に合わないのは

1対1でしか話せないパーティーは合わない

ハムスターって、仲間が大好き、しかも人見知りをせずすぐに仲良くなる動物なんです。『ノリ重視。人気者タイプを好きになることが多い』という方が、ハムスター系に分類されます。

よくテレビで紹介されるような、1対1で話していく形式のパーティーは、合わないといえます。かしこまった雰囲気の中では、ノリが合うかどうかが見極められなというケースが多々あるのです。

ハムスター系は、グループトークを中心とするパーティーこそ合っています。異性を口説くモードになっている姿ではなく、ナチュラルに楽しむ姿に触れて、自然に恋に落ちる、という流れが理想でしょう。今、流行りの謎解きコンやバスツアーなどは◎♪

(photo by PARTY☆PARTY)

(4)パンダ系に合わないのは

人数が少ないパーティーは、“合わない”

笹ばかり食べるパンダのように、外見がタイプな異性にどうしても惹かれてしまう、しかもその外見の理想が結構高い・・・という方が、パンダ系です。

パンダ系が6対6のパーティーに参加したとします。好みの人がいる確率はどのくらいあるでしょう。人数が少ないとなかなか理想の人に巡りあえません。

(photo by PARTY☆PARTY)

極力、15対15以上のパーティーを選ぼう

確率を上げるには、なるべく人数が多いパーティーを選ぶのがポイントです。

街コンのブームで、大規模企画の数はドンドン増えています。50人規模~400人規模まで、毎週のように開催されているので選びやすいはず!

大事なこと

誰だってパーティーに参加する時には緊張します。でも、緊張しながらも、楽しい!そんなパーティーはきっとみつかります。雰囲気が合わず、楽しめないと、いい人がいても気づかない、なんてことにもなりかねません。

だからこそ、自分のタイプを見極めて、合わないパーティーは選ばないようにしましょう。

(photo by PARTY☆PARTY)

記事提供:PARTY☆PARTY

この記事で使われている画像一覧

  • 20130310184127 513c55476aefc thumbnail
  • 20130310190435 513c5ab3360de thumbnail
  • 20130310190147 513c5a0b4b9a9 thumbnail
  • 20130310191051 513c5c2b53090 thumbnail
  • 20130310191408 513c5cf0542aa thumbnail
  • 20130310185221 513c57d5e4c04 thumbnail

本記事は、2013年03月11日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る