生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7. 「ビーズ・刺繍周り」をキレイにアイロンがけする方法

「ビーズ・刺繍周り」をキレイにアイロンがけする方法

2013年10月29日更新

 views

お気に入り

はじめに

著者が実践しているビーズ・刺繍周りにアイロンをかける方法をご紹介します。

用意するもの

  • アイロン
  • アイロン台
  • 霧吹き
  • タオル

タオルでビーズや刺繍の凹凸部分を補正する役割を果たすので、タオルはビーズや刺繍がタオルに沈んだ後で、布が平らになる厚さのものを準備しましょう。2~3mm程度のビーズや刺繍なら、通常の厚さのハンドタオルでOKです。

アイロンのかけ方

例は首回りだけにビーズが付いている服ですが、広範囲にビーズや刺繍がある場合もかけ方は同じです。

STEP1:アイロン台にタオルを敷く

アイロン台にタオルを平らに敷きます。

STEP2:ビーズ面をタオルに当てる

ビーズ・刺繍面をタオルに当てます。

布にとれにくいシワがある場合は、霧吹きで湿らせます。

STEP3:裏からアイロンをかける

ビーズ・刺繍の裏からアイロンをかけます。

ビーズ・刺繍周りにアイロンをかけるときのコツ

ビーズの場合は、ダイヤルを低温に設定してかけると安心です。どちらも表側からはかけないことが大切です。

おわりに

ビーズや刺繍の位置などで、どうしてもうまくいかないときはクリーニング店にお願いした方が安心です。

(photo by 著者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20130307100809 5137e87917e37
  • 20130307100828 5137e88c3c922
  • 20130307100909 5137e8b5efc93
  • 20130307100923 5137e8c3ea35f
  • 20130307100944 5137e8d83df9b

本記事は、2013年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る